自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

プレイしてきたオンゲとやめた経緯とか

5.jpg

思いつく限り書いてみる。他にも色々手つけてるけどたぶん
余程思い出に残らなかったのだと思われる アワレ
あ、現役プレイ中のも書いてますよ









RAGNAROK ONLINE
 最も長くプレイした大御所MMO、知人複数名を巻き込んでのめり込み、4年間に
 渡りギルド長をやった。就職と同時に踏ん切りつけて解散、ゲーム自体への魅力
 は既に殆ど感じていなく、やり尽くした感もあったので流れで蒸発する。
 稀に気になって戻ることがある。

TALES WEAVER
 ROにストーリー性を盛り込んだような作り。が、ROに比べて特別目新しい感は
 無く、クリックゲーに疲れきっていた為に惰性のみで続けることは出来なかった

TALES OF ETERNIA ONLINE
 国産であり俺の好きな大御所タイトルの名を冠していた為に大きな期待を持って
 プレイ。テイルズらしさは少しはあったが、、追加要素の弱さと、オンゲならでは
 の要素や運営ノウハウに明らかに欠けており、1年経たずにサービス終了という
 悲惨な結果となる。BOTも多く、ストーリーが進んでいる感も無かった。
 正直いつやめたか分からないが、ある日突然見限ったという感がある。

GUNZ
 映画マトリックスを彷彿とさせる高速移動+壁蹴り主体のアクロバティックな
 アクションを交えて複数人で対戦するTPS。武器も銃だけでなく、刀を持っての
 立ち回りも重要である。上達する楽しみは勿論のこと、見た目を工夫する楽しみ
 もあり、長らく盛り上がった成功タイトルであると思われる。惜しい点と言えば、
 武器や防具の性能差が相当大きくでてしまうことと、ゲーム特有のHIT判定の
 おかしさぐらいか。飽きてやめたのではなく、忘れたけど何かのビッグタイトル
 が出て皆そちらに移ったとかだと思う。

WAR ROCK
 王道FPSだが、ヘリや戦車、戦闘機までもを乗りこなし戦うことができる。ラグ
 が酷く、HIT判定が滅茶苦茶でFPSとしては破綻しかけてるとすら言えるが、
 正直このゲームに関してはそんなことはどうでもよく、やられた時の挙動や、
 重火器同士でぶつかりあってお祭り騒ぎするバカゲーとしての楽しみが全てで
 あったと言っていい。くにおくんの大運動会やスマブラに似た面白さである。
 が、プレイヤー層が慣れてる人だらけになり、複数人でバカをやる楽しみが
 薄れてきたために、自然と足が遠のいていった。

O2JAM
 ビーマニのようなゲームのオンライン対戦ゲー。UIの不親切さ、初心者への
 フォローの無さ、曲パックの価格設定、更新の遅さ、色々とあるが音ゲ初心者が
 やるにはあまりに酷い内容であり、とても人に薦められるゲームではなかった。
 しかしその異様な高難易度により全国の一部の音ゲー廃人達に注目され、廃人
 同士で一同に会してワイワイ腕を競い合うような、彼らにとっては悪くない
 ゲームであったと思われる。後述のDJMAXの登場で急速に衰退、サービス終了。

DJMAX
 O2JAM同様、音ゲーのオンライン対戦を主とするのだが、全体的な譜面の難易度
 にメリハリがあり、超初心者から上級者まで楽しめる上に、様々なモードに加え
 曲そのものが非常に本格的で万人受けするものが多かった。非課金者でも十分
 に遊ぶことが出来たというのもあり、一時期は相当な人数が居た。しかし、
 ある時期からアップデートが皆無となり、ゲームのほうが自然消滅してしまった
 形となってしまった。非常に惜しいタイトル。

PHANTASY STAR UNIVERSE
 根本的なゲーム設計や販売、運営方式の段階でこれでもかというぐらい大きく、
 大きく宇宙のハテまでズッコけた悲惨すぎるビッグタイトルであり、その年の
 クソゲーオブザイヤーに輝いた。ゲームの素材としては、本当に心の底から
 惜しい!と叫びたくなる程に「面白そう」であったが、アップデートの度の
 度重なる落胆、失望により人は離れ、それを止める術がある筈もなかった。
 最後は俺を含めた知人2人が残り、「もう、終わるか」「あぁ」と簡単な言葉
 を交わし、直後にアンインストールした覚えがある。

PHANTASY STAR UNIVERSE~イルミナスの野望~
 上記の続編。悲惨極まるクソゲームが「凡作」になって帰ってきた!という感。
 が、世界観やゲームそのものは俺自身気に入っており、同様の志を持つ知人を
 数名誘って再プレイしてみると、かなりの部分が大改善(前が酷すぎたのだが)
 されており、揃って相当な廃プレイをするに至った。最終的にはレベルカンスト
 し、かなりのレアの高精錬品を取り揃えるまでに至り、特にこれ以上やることも
 なくなり「そろそろ他のゲームやろうぜw」という鶴の一声により終結した。

MONSTER HUNTER FRONTIER
 言わずとしれた超タイトルのオンライン版。始めた頃は既にサービス開始から
 それなりの年数が経っており、廃人層ひしめく「プロハンター」だらけの様相
 であったが、モンハン全盛期ということもあって新規プレイヤーも安定して
 数が揃っていた。基本的にはある武器、防具を作るためにあるモンスターを
 討伐し、それを持って新たなモンスターに挑む、の繰り返しであるがこれが
 なかなかにハマる。レベルや防具より、プレイヤースキルに相当依存する為に
 苦戦を強いられたが、HR100を超えるまでがんばることができた。しかし、上記
 のループの中で強さの違う同じモンスターを繰り返し狩り続ける「作業ゲー」
 になっており、モチベーションを保つことが難しくなりプレイ頻度は減っていった。

FANTASY EARTH ZERO
 総計100人で同じマップ内で戦争する武器と魔法のTPS。ROに次いで久しぶりの
 腰を落ち着けられるゲームとなった。運営の良さ(正直これが一番大きい)と
 アップデート頻度、ゲームバランスどれをとっても一級のタイトルであることは
 疑う余地もなく、スクエニからゲームポットへの運営移管で基本無料になった後、
 口コミや話題性で人気が広がり国産MMOの代表作となる。たまに休止すれど、現役。

PRIUS ONLINE
 シナリオ重視+幼女を連れ歩けるという一風変わったMMO、グラフィックが綺麗
 であり、本国で一定の成功を収めた注目タイトルということで久しぶりのクリゲー
 に挑んだ。今までのMMOで不便に感じていたような所が軒並みフォローされており
 非常にまとまった作りとなっていたが、クエスト報酬以外ではExpが全然貰えない
 ということもあり、ただひたすらにクエストをこなすだけのゲームとなっていく。
 更に、高レベルになればなるほどストーリーやクエストの作りこみが甘く感じた。
 また、ダンジョンのクエストも1回こなすのに3~4時間かかる有様であったため、
 とても続けられる状態ではなくなってしまった。運営がひたすら無反応であり、
 酷いとかそういうレベルを超えていたのも一因。未だに公式ページすら殆どが
 「作成中」である。

THE TOWER OF AION
 天族と魔族に別れてプレイし、お互いの世界に侵入したり、「アビス」という
 異世界にいくことでお互いにPvPが出来る。UIはシステム周りはこれでもかと
 いうぐらいに微調整がきき、プレイ進行上不都合を感じるような要素は特に無い。
 内容の充実ぷりは従来のMMOの比ではなく、「レベルゲー」「クエストゲー」で
 あるものの、それらを極限近くまで煮詰めた内容になっている。高レベルになる
 につれ現れるクエストや関連するダンジョン、ボス攻略の難易度は苛烈であり、
 パーティーを組み、それぞれの役職が適時冷静な対応をしていかないと一瞬で
 壊滅となるため、作戦などをたてるのも面白く、場所によってはいつ敵対種族
 が現れ交戦状態になるかも分からない為、それに向けての装備揃えや生産活動
 のやりがいはかなりある。まぁなんだ王道路線いきつつも色々カオス 現役。
 個人的にはハマリゲー
関連記事
twitterへRTする 2009-08-06 : 普通の日記 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
DJ MAXは惜しいよね・・・
2009-08-07 00:18 : パニスカ URL : 編集
No title
ネトゲ暦10年くらいですか( ・ω・)?
2009-08-09 20:51 : stigma URL : 編集
No title
6年ちょいですな(つд`)
2009-08-10 00:25 : ztar URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ