自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

スポーツマンガに見る敵チームの死亡フラグ論

スポーツマンガで惜しくも敵チーム役になってしまった人達へ捧げるアドバイス












20080718-ic21-320.jpg

いわゆる「死亡フラグ論」です。









■試合前に主人公チームをからかうのはやめましょう
→見下す態度如何では数ページで屈辱的大敗を喫します



■エースを最初から出さない
→貴方のチームには主人公チームを苦しめる「エース」が必ずいます。彼を最初から
出すのはやめましょう。何とか理由をつけるなり、ハプニングを起こして遅刻させる
なりしておきましょう。切り札の出し合いに持ち込むのが試合を長引かせる王道です。
もし層の厚いチームであれば、「クセモノ」な控えなどを抱えているはずです。
彼も同様、大事に温存しましょう。監督自らも「アイツだけは出すわけにはいかん…」
などと言い存在を臭わせるなど、立てられるフラグは事前に何本も立てておきましょう。



■クールキャラに頼らない
→メガネクールキャラの司令塔は非常に頼もしい働きをしますが、精々前半1/3程度
しか持たないでしょう。彼の打つ政策や施策が破られることで試合が一気に主人公
サイドに傾くことを考えると、あまり引き合いに出すべきではなく、むしろ癌と言えます。
メガネキャラがポカーンと口をあけているような状態になっては、もう末期です。



■エピソードを多く持つ
→出来るだけ多くの選手に、彼らがプレーする背景にあるものを語らせましょう。
これらが色濃く判明している選手を大事にするべきです。「賞金の使い道」や
「主人公サイドの選手との因縁」や「引退間近の意気込み」などがそれにあたります。
「手術費」「引退試合」などのキーワードは非常に強力であり、これらを精査し、
発覚させるタイミングを考えてから試合に臨みましょう。これは監督も同様です。



■悪役キャラは使いよう
→ラフプレー上等、ガチ不良などのキャラは基礎体力があるが精神面で非常に脆く、
未熟でありがちという特性から、いざ崩れた時にチームにもたらす不利益は甚大なもの
です。しかし、ここを逆手にとって考えると、敵役ながら試合の中で成長する可能性を
有しているという見方ができます。悪役キャラは中盤までは主人公チームを確実に
苦しめますが、ある時から一気に崩れます。一例に過ぎませんが、ここでの対応で
その後の展開が大きく変わります。特に策がない場合は思い切って下げてしまうのも
アリでしょう。そもそも対策が打てないとそのまま話が飛んで試合終了となる危険性が
非常に高いです。ともかく一旦冷静になれる場を与えてやることがポイントといえます。
後は彼が信念(笑)の一つでも自ら見出してくれれば、最終局面に向けて最高峰の活躍が
期待できるはずです。暗い過去などがあったりすれば、相乗効果で一際輝くでしょう。



■イケメンの数はほどほどで
→イケメンだらけで揃えるのはやめましょう。彼らは実力こそ高いものの、同種族
であるイケメンの密度が増えることでその輝きは薄くなっていき、逆効果です。



■1軍で練習試合はしない
→本戦で他校に踏み台にされます。やめましょう。



■それでも主人公チームが勝つ理由
→彼らは試合中に成長するという反則じみた特性を個々が持っています。こればかりは
どうしようもなく、敵チーム側としてはとにかく出せるカードを豊富に揃えておく、
というぐらいしか対策がないのが実情です。ですが、やれることはやりましょう。
変に主人公チームを煽ってませんか?見下ろした態度をとっていませんか?怪我を
させたりしていませんか?これらは全て彼らがレベルアップする糧となります。
そうこうしていると、たちまち彼らの過去のカットインが入ったり、目をかっと見開く
ようなエフェクト
と共に新技()で瞬殺されます。
努力を忘れず、常に下手に、そして主人公チームを敬う。これらが揃っていれば、
少なくとも善戦できるということを約束しましょう。点差などどうにでもなります






ちなみにおいらはジャンプマンガのスポーツものでは
スラムダンク、ホイッスル、アイシールド21(最近ビミョウ)あたりがスキです。
関連記事
twitterへRTする 2009-02-24 : 普通の日記 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

最近のアイシールドはイマイチだね・・。
天才のバーゲンセールになりすぎてて
初期の頃の面白さがなくなってる気がする。

2009-02-25 01:23 : YOGI URL : 編集
セナ陣が努力して練習してって描写が殆どないのお
もうみんな天才ですなww

まぁ、もう締めにかかってるってことでしょうかねヽ(;´Д`)ノ
2009-02-25 19:32 : ztar URL : 編集
つまり氷帝の跡部様が最強と言う事ですね。
2009-02-26 01:41 : wizwiz URL : 編集
テニプリは青学が勝つには5戦中3勝すればいいので、
個々の試合の勝敗は予想がつかない稀有なマンガでした
それが面白かった気がしますね!

敵役も魅力的だったテニプリですが、
跡部様は特に素晴らしかったですね。
自ら敗北フラグを立てに立てておきながらも
勝ってしまうのは惚れました。

並みの漫画なら小者で処理されてしまうキャラでしょう、あれは
2009-02-26 14:09 : ztar URL : 編集
誰が得するのこの理論www
2009-02-26 22:07 : URL : 編集
>>ななしさん
もしかしたら主人公チームといつかどこかで、何かで対戦する日のためにですよ
2009-02-26 23:33 : ztar URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ