自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

ボットニュースってあったね

一つ問いを投げる
「BOTNEWS」というサイトをご存知だろうか?
恐らくはラグナロクオンライン(以下RO)を古くからプレイしている、
したことのある人間なら8割方知っているのではという憶測。

いわゆるMMO界の「痛いニュース」みたいな感じである。
ROの正式サービス始まったのっていつだっけ。確か2002年とか。
ROは今でもバリバリサービスが続いてる代表的なMMORPGで、UOやリネと
並んでネトゲの先駆者といっていい。擬似3D空間内でドット絵の
キャラでパーティーを組んで戦うスタイルで、最盛期で数万人規模の
ログインが常時あった。まぁオレも02~06年にかけてハマってたわけで。

知ってる人は知ってるけどBOTやチートが凄かった、画面内に常時1匹は
いるような場所も。そんな惨状や運営の糞さを皮肉り、煽りを交えつつ
ユーザーサイドの声を代弁し続けていたのがBOTNEWSだった。
「運営氏ね」のスタンスを一貫して続け、コメント欄は記事毎に数千規模の
コメントがつく(殆どが記事内容を肯定するものだった)、怪物サイトとなった。

が、そんなBOTNEWSにも終わりが来る。06年の終わり頃、
「もうROは終わりだ 抵抗など無駄だ、この運営会社は変わりはしない」
といった完全に運営会社に見切りをつけた内容の記事と共に閉鎖した。
(Blogは現在でも残っており全文を閲覧することができる)



と思われたのだが、後日「BOTNEWS Light」として復活を遂げる。
管理人の意図はこのようなものだ

"ならば我々が新しいMMOを開発、運営していけばいい"

ある意味真理、誰もが一度はちょっぴり妄想してしまう夢物語。しかし
彼は本気だったようである。公式サイトを開設し、いくつかのキャラ原案、
エモーションを既に用意していた。ゲーム名は"バルムンオンライン"
賛同した有志が集い、開発が始まった。

結論からいえばこのプロジェクトは破綻したようである。今では公式サイト
に繋がりすらしない。が、注目すべきはBOTNEWS管理人の構想である。
今では公式サイトが見れなくなってしまったのでうろ覚えであるが



---
・BOT、RMTなどの不正行為をセキュリティ面から防ぐことは困難である
・不正行為を取り締まるのではなく、不正行為そのものが無意味となる、
 または不可能であるようなゲーム性を設計段階から作り上げる。
・ROでのBOT大量発生の温床は「トレードシステム」と「レべリング要素」。
・ならばそれらを取っ払い、ゲームの作業化、自動化とは無縁となる
 「チャットによるコミュニケーション」が最重要となるゲーム設計を行う
---
 


それまでのオンゲの殆どが、前評判は高くともサービス開始の度にBOTだ、
チートだと騒がれ叩かれバランスが崩壊しているのを目の当たりにしていた
ユーザー等にとって、それまで叩く側であったBOTNEWS管理人のこれらの構想
は確かに理には適っており、期待できるものと捉えられた。…というより、
「こんだけROの運営を数年に渡って罵倒しておいたからには、勿論テメーは
面白いモン作ってくれんだよな?」という見方のほうが多かったか。

結局バルムンオンラインはこの後音沙汰なく今に至る。「所詮こんなものか」
「期待外れ」と言われたい放題の中、いつしかコメントも無くなっていった。



が、最近のオンゲを見ると確かに上記の構想に近いものがゲーム内に
盛り込まれているものが多く、"温床から"BOT、不正行為を抑えるという
ことに成功しているものが見られる。最近自分がやった(やっている)
ゲームでもそうだ。不正行為などにより行動を自動化するメリットを
極力抑えたゲーム性を持たせている。

■Fantasy Earth Zero
・レベルによるステータスの向上を極限まで抑えた
・貴重なアイテムは全てトレードが不可である
・戦略的要素を多数盛り込み、緩慢な作業は殆どない

■Monster Hunter Frontier
・レベル(ハンターランク)によるキャラ性能の変化は無し
・殆どのアイテムがトレード不可となっている
・キャラ同士競うのではなく、協力して強大な敵を倒す

■Atrantica(←ちょっとだけやった)
・エンカウント式ターン制タクティカルバトル。
・イベントが起こった場所やNPCの場所、ダンジョンへの移動などを
 全て自動で移動が可能。BOTがやりそうなことをプレイヤーも出来る
 ようにしちゃえばいいだろう
、という例。これは珍しいものだった
 
最後のアトランティカに関しては一見そこらの量産ゲーと一緒だけど
斬新なシステムが目をひいたので記載しておくこととしよう。

最近活性化しているゲームそれぞれに言えることとしては、どれも
アクション性が高く、中の人の腕前や経験を問う内容のものが多い。
そもそも、クリックゲーが再び大成するにはもうプレイヤーの目が
肥えすぎているのかもしれないですな。

ゲーム別のアクティブ人数とか知りたいなぁ。

関連記事
twitterへRTする 2008-12-11 : 普通の日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ネトゲを極めると、ネトゲを分析したくなるから困る、
2008-12-14 18:32 : URL : 編集
極める、極めないは別にしても、
いわゆる神(運営、GM)である人間が
確かに存在しているので、ネトゲプレイ
していればそのウラを知りたくなるのが
心情ってもんですNE!
2008-12-14 21:51 : ztar URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ