自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

マジレス記事その2 : 国を強くするには

先週のFEZは色々とアツかったようです。
いいねェ、戦争ゲーっぽくドロドロしてて大好きだよこういうの。
各所で色々な考察がありますね!復興だの国力だの、中々面白い話を
していらっしゃるようで。では本日はFEZ永遠の命題、「国を強くするには」
について雑文を少し。長文トライアル






ここ最近はオフィシャルショップの閉店も各国で相次ぎ、部隊としての強さ、国としての
強さというものが焦点になっているようです。最近の各国の動向を見ていると、強い部隊
、いわゆる目標戦などで先頭に立って活躍できるいわゆる"一軍部隊"に注目がおかれ
がちで、そういった所に所属している人も少なからずエリート意識のようなものを持って
いっているように思います。もっと部隊を強く、活躍できるように。そしてこの国が強くなれば!
という思考です。すばらしいですね。さてはて、するとどういったことが起きてくるでしょうか。
排他的になっていきます。初心者の募集なんぞを進んですることはしません。どこの馬の
骨とも分からん輩も同様です。更に進行していくと、いわゆる"コネ"がなければ入隊が
できなくなったりし、既存メンバでの強化を図るようになります。揃って戦争へ出かけたり
、模擬戦などで部隊内で切磋琢磨する。結果、その部隊は強くなっていきます。

FEZの戦争は1つの戦場に先着50名が集まって行われ、基本的にメンバーの選別は
できません。知らない奴らが味方としてほぼアトランダムに組み込まれていきます。
彼らは初心者であったりnoobであったりします。前述した排他的思考は、時に彼らに
対して罵倒ともとれる形で表面化していきます。「氷割るな」「なんでスタンに弓撃つん」
「部隊服で前線くんな」あたり、一度は聞いたことがあるかもわかりませんな。その多く
はテメーと同じレベルの常識で放たれ、各人に理解させるには程遠い一言。何も変わり
はしません。結論から申し上げれば、国というレベルで力の底上げを図りたいのであれば
、新人、初心者である彼らを育て上げていくことが最重要です。1Killを得るには数人の
力が必要だが、1Deadするにはヘタッピが1人いればいい。その場の相手全員を凍らせる
には上手い氷サラが何人も必要となるが、その場の相手全ての氷を解凍するにはヘタッピ
な弓スカが1人いればいいのだ。上層の更なるパワーアップよりも、下層の底上げをして
自軍に不利益となる行為を減らす。結果、各戦場での動向は大きく変わってくることが
期待できる。では、どうしようか?という話である。

この観点から言えば、始めのほうで申し上げた排他思考によるいち部隊の強化という
考えは全くもって国力増強の妨げにしかならないのではないだろうか。FEZにハマりかけた
、ヒヨッコである彼らの質問に最も適切な回答を授けられるのは、他でもないテメーら
中~上級者なのだ。今や毎日のように新規のプレイヤーが君たちの国にやってくる。
同時に上級者はいずれ飽きてやめていく。初心者育成の需要はサービス終了まで
尽きることはないのだ。部隊の目標として国を強くしたいというのがあるのならば、
無所属の初心者や移民の方を積極的に受け入れる寛容さがまず求められるだろう。
ここでポイントとなるのが、初心者は進んで部隊の門を叩いてくるようなことは殆どしない。
積極的な勧誘活動が大事となってくる。来るものは拒まず、のみの考えではあまり期待
はできないだろう。なお、とんでもない下手糞が部隊に所属していると部隊の体面が…!
などという考えを持っているうちは他人任せのままである。ネトゲでは下手糞な個人が
いるとインターネット掲示板(NHK的な意味で)などで吊るし上げられ、所属部隊すら叩かれ
る傾向が強いのも要因のひとつといえよう。

A鯖ではよく、ゲブランドが強いと言われる。ここまでの話の総合となるが、ゲブでは
部隊勧誘が他の4国に比べると確かに多く、大手扱いされる部隊同士の敷居が低いと
思える。初心者や移民がいざ現れても、すぐにどこかの部隊やらに組み込まれ、気軽な
質問を投げかけられる土壌があると感じられるのだ(ここ数ヶ月は少し排他的に感じるが)。
長い間ゲブが安定しているのもその恩恵が大きなものであるからといえよう。
「はぁ?ゲブが強い?人数がやたら多いだけだろ」と反論されるかもしれない。では何故
人数が多いのか?簡単に他国に移ることができるのに?答えは同じことである。






と、ちょっと大きい話題に一石を投じてみた。なお、強部隊は悪であると言っているわけでは
ないですぞ。その先に潜む思考が時にマイナスをもたらすのは否定できないが。
さて、各鯖各国の諸氏はどう思うだろうか?
なんというテキストブログ・・・これは間違いなくスルー対象

太字や下線を用いず読みにくいのは編集面倒 読者への挑戦としておこう

追記:ゲブにきたときはKingOfHeartの部隊に世話んなってた。200人規模の大所帯で、
現在でも精力的に募集活動をしているとこである。入れ替わりは激しいものの、初心者
や移民を幅広く受け入れており、縁の下でゲブを支え続けている部隊だと思う。
今後も頑張っていってほしいものである
関連記事
twitterへRTする 2008-04-15 : FantasyEarth : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

感動しますた・゚・(ノ∀`;)・゚・

みんなにも読んでもらおう><
2008-04-16 00:40 : りかちゃん URL : 編集
そろそろ帰ってくるきありませんか><
2008-04-16 00:57 : ミカン URL : 編集
わかるわかるおおおお!!

でも新人教育ってめんどいのよね、実際


オレB鯖でいま1から歩兵論ならって勉強してますお・・・
2008-04-16 16:45 : しざりん URL : 編集
>りかちゃん
Σ(´Д` )

>ミカンさん
どこにwww

>しざ
ぶっちゃけ部隊いれてそれなりに仲良くなれば
勝手についてくるもんだと思ってたり
意識して新人教育!だなんて意気込む必要は
ない気がする

あぁ・・・最近は俺もエルだ・・・
2008-04-17 00:11 : ztar URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ