自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

Legend of Vit

INT-DEXプリが至極当然だった当時、しかしサブステの議論は止まない
あの時、誰もが探究心を燃やし検討、育成を繰り返していた日々

そんなある日オレは何故かVITプリを作ろうと思った、大人数のPTすら
支える鉄壁を目指してプリーストを目指した。

プリの先輩(DEX)から「プリは後衛、最低限耐えれればいいの」
と言われた。そんな時オレはVITを1上げた。

プリの先輩2(DEX)から「メンバーを活かすのがプリ、前線に出る
必要性は全くない職業」と言われた。またVITを上げた。

精錬がままならずGHで即死し、周りのPTも巻き込んで迷惑をかけた。
謝りながらも死体同士でオープンチャットで盛り上がった昔の話。
そんな最中、またVITを上げた。

長き下積み時代、屍の山を築いた挙句、念願の+7装備を揃えることが
できた。嬉しくて何度もSSを撮った。そしてVITを上げた。

城2で戦死し、転がってるオレの前に現われたVIT騎士。数多の魔物の
攻撃を耐え、Wizがそれらを撃破する。後方には高速の詠唱でPTを
サポートするあるべき姿のプリーストが居た。またVITを上げた。

PTで初めて驚かれた。同PTのプリ(DEX)は「俺もVIT極を作る!」と
声を大にして宣言した。嬉しくなってVITを上げた。

錐やSBr、発勁が実装され、VITの存在価値は大きく下がり始めた。
対人では淘汰される存在となったVITプリ、そんな中またVITを上げた。

ある程度の防具を揃え、VITはこれ以上上がることはなくなった。
巷ではGvGや生体Dで盛り上がりを見せ、教授やチャンプが取り沙汰
される。



時代の変遷あれどかの日に誓った鉄壁のプリーストを目指していました
しかし

[Legend of Vit]の続きを読む
関連記事
twitterへRTする 2006-06-22 : RO : コメント : 13 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

つ・・・つ・・・続きを読むボタンはどこ・・・!?
2006-06-22 21:49 : Saraの中の名無しさん URL : 編集
わ・・・わっふるわっふる・・・?
2006-06-22 22:58 : せべく URL : 編集
忘れてました><
2006-06-22 23:32 : ztar URL : 編集
DSの魅力には勝てなかったとzzz
2006-06-23 00:05 : うさぎ URL : 編集
つまりはVIT振る事によるDEXの低さをDSでカバーするという・・・(゚д゚)ワケワカメ
2006-06-23 02:03 : 通りすがり URL : 編集
>>DEXの低さをDSでカバー

なるほどワロス
2006-06-23 04:05 :    URL : 編集
DEX=デクス
デクス→デークス→デーエス→ディーエス
ディーエス=DS
こうか!!!w
俺には分かりません;w;
2006-06-23 08:45 : 時の戦 URL : 編集
零式VIT全振り→リアルでもVIT全振り→リアルIntが下がってきた→DSの頭の体操をやる

orz

この謎を誰か明かしてください
2006-06-23 13:54 : yuki URL : 編集
引篭もりによるリアルVIT上げ(;・`ω・´)!?
2006-06-23 15:45 : スティ URL : 編集
A.取敢えず会社の宣伝
2006-06-23 15:56 : 通りますよ URL : 編集
DS布教乙w
2006-06-23 20:03 : ざぐ URL : 編集
「しかしどんなにVITをあげたところでDS(ニンテンドのハード全般だが)のVITには到底かなわない」と言いたかったんだよ!!
2006-06-24 03:15 : ハロスケ URL : 編集
我々は釣られてしまったのだろうか(゚Д゚)

ワッフルワッフル!
2006-06-25 10:58 : URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ