自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【雑記】フィットボクシングで人間になった

SwitchでRFAが永久に買えない負け組が仕方なく買うことで有名な
フィットボクシングを購入、デイリー継続して今日で2ヶ月ちょっとになる。
「今日は100歩動いたかな、重畳重畳」などと普段息巻いている俺が
こんなものを購入するのは勿論このご時世が故、出勤退勤の刹那ですら
動かないようでは本当にホモサピエンスと定義づけられる上での最低限の
VITすら失われるとの危惧からである。

初日は本当に酷い有様で、最初のパンチを放った際は己の一部だったものが
切り離されて前方に投げ出されるような感覚すらあった。
画面の中のインストラクターは相手がそういう類の肉塊であることの認識は
ないので適当な判定を出しては「ナイスパンチ!」「続いてダッキング!アッパー!」
と無責任な注文を続け、対して腕は「これは聞いてない」「巫山戯るな、止めよ」と
必死の形相で脳に電気信号を送るのである。普段水分が放出されない穴から水分が
吹き出し、右腕の付け根から下腹部に至る筋に千切れんばかりの強烈な痛みが襲い、
全身のありとあらゆる器官が悲鳴をあげその日はドクターストップ(主観)がかかった。

しかしながら緩い覚悟でこのジェネリックRFAを購入したわけではなく、
ソシャカスの矜持もあるのでデイリーミッションは必ずこなしたところ
7日目には確かな手応えがあり、14日目には当初のメニューで汗をかかなくなった。
そして日々のメニューが完了した直後は言いようもない爽快感、幸福感が生まれる
ようになりさぁAPEXしよう、DJMAXしようとモチベーションが湧いてくるのだ。
これが「運動」か。マウスしか持たぬ肉塊は四肢を得、産声を上げたのである。

そういうわけでようつべでVがRFAやってる時の悲鳴で満足してるだけの
肉塊諸氏は「言うてもRFA売ってねぇしなぁ」とか宣ってないので
フィットボクシングを購入し苦痛に苛まれよ 運動は幸いなり

関連記事
twitterへRTする 2020-06-14 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ