自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【雑記】アイルランド旅行記②

アイルランド旅行の記事その2。




CIMG1308.jpg

ダブリン市街にあるトリニティカレッジのキャンパスへやってきた。
400年以上ある大学なので現役稼働中ながらメイン観光スポットの一つとなっている。
芝生の上には学生達が集い、木陰で読書をしたり寝そべったり語らったりしていた。
あまりに非現実的な、幻想でしか見ることのなかった青春の構図をそこかしこで
まざまざと見せつけられROをやっていたら終わっていた我が青春時代のフラッシュバック
が容赦なく心臓を止めに来るのを抑制するので精一杯になっていた。




2019-05-04_17-38-21_600.jpg

そしてここがトリニティカレッジにある超有名な図書館。
ハリーポッターやスターウォーズに登場する図書館施設のモデルになった場所であるが
個人的にはFF5の古代図書館が思い浮かんだりした。




2019-05-04_17-38-34_426_2.jpg

絶対これ特定の本を引っ張ったりするとと本棚がズゴゴゴって動くやつだろ。
上のほうの本取るのにハシゴ使うあたりもエモいとおもう

そういえばここのおみやげ屋のオヤジが日本通なのかしらんけど
特に国籍言ってないのに開口一番お前ら10連休だろとかREIWAが始まったけど
どんな感じだとかAKIHITOは元気かとかみたいなことめっちゃ聞いてきた。
日本行ったことあるのかって聞いたらないらしい なんやねん




2019-05-05_04-01-10_252.jpeg

こちらはアイリッシュ音楽の生放送を聞きにいったときに頼んだビーフシチュー。
光源の関係で伝わりづらいが深皿に肉が山のように積まれておりこいつ自身己が
ビーフシチューであることを見失っているようにも思える。
ふざけた量のくせして野菜が皆無なのでこれは死ぬと思ってサラダを頼んだら
ならば野菜に埋もれて死ねって量のサラダがバァンって置かれた。おれは死んだ

ちなみにアイリッシュ音楽といえばFFやクロノトリガーなどの作曲を手がけた
植松氏や光田氏が大いに影響を受けたジャンルであり、そのルーツをこの時初めて
身近に感じることができた。小中学生のときから彼らの作ったゲーム音楽がとにかく
好きであったので、どの曲も初めて聞くものながら懐かしさをおぼえるのである。
脳裏にドット絵の風景を思い浮かべながら鑑賞していたのはまぁあの場で私だけ
であったと思う。現実は高解像度すぎていけない




2019-05-05_18-47-37_440.jpg

ダブリン市街から1時間ぐらいのところにある高原の遊歩道より。
かなり寒いんだけど短パン半袖で歩いてる兄貴が一人や二人ではなかった。
生命力インフレしてるな




2019-05-05_19-09-01_899.jpg

遊歩道の先にある湖。くそさむいんだけどここの付近で売ってるのは
ソフトクリームだけだったし短パン半袖兄貴達が普通に買って食ってた。
修行か何か?




2019-05-05_20-04-57_966.jpg

ダブリンへの帰り道にあったんだけど上の湖とは別の場所で、通称「ギネス湖」。
なんでも湖全体が黒ビールのようにみえるかららしい(右下の砂浜がビールの泡部分)。
高所の少ないアイルランドの中では有数の絶景ポイントであり、このへんは驚くべき
ことに全て個人の別荘地であるらしい。やべぇ(速水奨)




2019-05-04_20-14-06_866.jpg

イギリス名物(アイルランドでも名物)、フィッシュアンドチップス。
有名店に開店前から並んで買ったんだけど日本でも普通に繁盛しそうな味付けで
これマジで旅行中食ったものの中で1~2位だと思ってる。ジャンクなものに
飢えてたからってのもある




2019-05-06_21-12-36_619.jpg

場所は変わって北アイルランドへ。




2019-05-06_19-55-32_267.jpg

こちらが北アイルランドの北の果て。天気もよくいい写真が撮れたな。
ちなみに向こう側に微かに見えるのがスコットランドである。




2019-05-06_21-22-27_993.jpg

ひるめしのビーフシチューとパイ包み。・・・と芋。
このへんまでくるとアポなしの芋に対して怒りをおぼえるようになってくる。




2019-05-06_21-30-36_095.jpg

んでこちらはシーフードチャウダー。
適切な量、久々の魚介類、そして日本人好みの絶妙な味付けで涙が出てきた一品。
芋がないのも加点要素



2019-05-06_22-59-20_488.jpg

世界遺産、ジャイアンツコーズウェイ。
六角形の石柱が海岸沿いに並んでいる異様な光景をみることができるのだが
なんたることかこれは人造物ではなく数千年前の溶岩活動の賜であるという。
地元の伝説ではフィンマックール(★4)が作ったとされいわゆる彼の聖地
であるがここでガチャ引いて本人きても別に嬉しくないので引かなかった。




2019-05-06_22-57-15_365.jpg

ジャイアンツコーズウェイの中でもたぶん一番有名な写真スポット。
一本一本がかなり綺麗な六角形としているので、いやいやお前これ人造だろ
怒らないから本当のこと言ってみなさいという気持ちにもなろうというもの。
なんで六角形かはボイスガイド(日本語verもあった)で事細かに説明があった
んだけど全部忘れたので気になったら調べて




2019-05-06_19-04-43_239.jpg

世界遺産からの帰り道に寄った、ダークヘッジと呼ばれる場所。
画像検索でググると幻想的な写真が多数出てくる。
ここは海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」の某シーンの撮影スポットとして
有名らしいのだがピンと来る人はいるのだろうか?
ここ以外にも同ドラマの撮影は北アイルランドの色々なところで撮られた
ようで、興味が湧いてきたので最近アマプラで見始めたところ




2019-05-05_23-52-38_693.jpg

さて最後になるがこちらは妻リクエストで行ったクーフーリンの石。
牧草地の只中におもむろにあるのだが、クーフーリンが死んだ場所らしい。
といっても墓石というわけではなく、女王メイヴとの戦いの最中にて
彼の得物ゲイボルグで親友と息子をやむなき理由にてぶっ殺してしまった
挙げ句罠にかかって状態異常(麻痺)にかかって絶体絶命というとき、
倒れないように己の体をこの石に縛り付けて最期まで戦ったという逸話によるもの。
なるほどファンにはたまらない場所であることに相違ない。
割と苦労して来たので、ここでガチャ引いて本人出てきたらちょっとイイなと
思ってFGO入ろうとしたらメンテ中だった(魔人柱レイドが始まった影響で
鯖落ちしていた)

ちなみにこの場所はガイドブックにも載っていなければぐぐってもロクな情報が
得られない、超ニッチな名所のようである。最寄り駅はダントーク(七英雄ではない)
という所なのだが結構田舎でタクシーもほとんど通っていない上、地元民ですら
この場所は知らないことが多いっぽいのでアイルランドに行く方でこの場所を
目当てにする方は注意されたい。この聖地のアクセスに関する情報はかなり入念に
調べたし、もし情報が必要であれば提供するので気軽に聞いてほしい。




2019-05-07_05-14-03_028.jpg

さいごのばんさん、サーモンとサーモン。・・・と芋。
芋以外めっちゃうまかった




こんなところか。
飯うまかったし街の人ほんと人懐っこくてやさしみあふれんばかりてぃだし
非日常感すごいんでみんな行ってどうぞ

関連記事
twitterへRTする 2019-05-18 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ