自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
twitterへRTする -------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【雑記】ドイツ観光記③

niceboat.jpg

ドイツ旅行も大詰め、いよいよライン川のクルージングにやってきたのである。
ライン川ぐらいは誰でも聞いたことあるだろう、ドイツだけでなくスイスオランダフランスオーストリア
あたりをバーンてぶち抜いてるやばいやつだ。全長は1233kmある





20171121_091012355_iOS_R.jpg

天気は微妙で寒いのでとりあえず船内のカフェでホットココアを注文し出発のリューデスハイムの
街並みを臨む。時間としては1時間以上あるので余裕をもって優雅たれ





20171121_093358080_iOS_R.jpg

川幅がすごいのでとにかく開放感がある。昔は流通のキモだったので付近は旧時代の諸侯により
ボコスカ建設された身の丈にあった城、宮殿、ところにより廃墟が陳列されており見る者を飽きさせない。
この写真の右上にもなんかそれっぽいのあるな(今きづいた)

ちなみにこのクルーズには中国人団体客が乗っていたのだがおばさん主体だったこともありまぁ
うるせぇのなんの 元気しかないなほんと。くそ寒い甲板でキャピキャピ叫びながら永久に写真を
撮り続けたり地元(?)の家族とテレビ電話とかしてた。せっかくだから俺も写真撮ってもらったりした





20171121_110015110_iOS_R.jpg

めし。マジでこんなの出るんだって思うだろうがマジで出てくる。ドイツ旅行を数日もすれば、全ての
食材はワインやビールを美味しくいただくがための触媒に過ぎないのだと否が応でも思い知らされる
ことになるのだ。まぁでもうめぇよほんと。これと一緒にいただくワインとかマジで。ご当地ビールも
いっぱいあるので酒好きは気が狂って朝まで肉肉ビール肉ビールでオールナイトダンシン





20171121_143316830_iOS_R.jpg

ところかわって大都市ケルンへ。早速見つけたこの建物見てスゲーって思ったけどこれただの
市庁舎だった、ていうかこういう建物が腐る程ある。歴史を感じるよなぁって思いたいところだが
この都市も例によって第二次大戦で大きな被害を受け9割レベルで一度瓦礫の山になっており、
今ある殆どの建物は戦後に再建されたものだということである。この建物も然り。
ドイツ人の旧様式建築に対する並々ならぬ拘りがみえる

あとこのへんは神聖ローマ帝国にゆかりがあるってんで彼の国の昔のえらい人々の彫像が
至る所にあった。ネロ・クラウディウスもいたので「あれは誰だ!?美女だ、ローマだ?」と
高らかに問う絶好の機会だったのだが残念ながら振れる人が誰もいなかった





20171121_135507530_iOS_R.jpg

さてケルンといえばケルン大聖堂、完成までに数百年を要したことで有名である。あまりに長い
期間であったために初期工事から完成までには幾度とない世代交代と流行りの変遷があった筈で、
実際あのへんすげー古そうってのが見て取れたりするので色々な角度から見ているだけで面白い。
スケールとしては勿論これまで見てきた大聖堂の数々の中でも究極で圧倒的で、ぶっちゃけ間近
で見た時は感動というよりやり過ぎだろっていうドン引きに近い感情があった。





20171121_150314823_iOS_R.jpg

中もやばい。今まで見たこと無いような規模のステンドグラスがベッターって取り囲んでるしめっちゃ
神いっぱいいるし。所謂聖遺物というやつもこの場所にはいくつかあるらしいのだが、ここでガチャしたら
めっちゃ格の高いのでそうやなぁ的な感想が最初に出てきたのでもうだめ





20171121_171216581_iOS_R.jpg

夜はライトアップされてやばいし周囲はクリスマス市の準備でピッカピカだしやばかった。
並の語彙力でこの迫力を文面で伝えることは大変困難と言える





20171122_084448165_iOS_R.jpg

最終日はアウグストゥスブルグ城へ。城というかまぁすごい家というか。
この城に居たのはクレメンス・アウグスト・フォン・バイエルンという、騎士団総長にて大司教、選帝侯
にししていくつもの領主司教を兼ね、母兄は神聖ローマ皇帝、従兄はスペイン王とかいうこの国の
かつてのラスボスみたいな奴。城内部はまず荘厳な階段からはじまり第一の間、第二の間、第三の間
と少しずつ豪華絢爛になっていく部屋が続き、かつて彼に謁見する者はそれぞれの間で四天王みたいなの
と順に会っていく必要があった。そして最後の「謁見の間」にてようやく主にお目にかかれるという作りに
なっている。伏線が急速に回収されていくラストダンジョンという感じしかない。





20171122_101135082_iOS_R.jpg

お庭も風情がある。この日はようやく晴れたので何をどう撮っても絵になって良い





20171123_040633529_iOS_R.jpg

まぁそういうわけでこの旅の簡易観光記はおしまいだ。ここはゲームのことを書いていく筈の
ブログだからね。そうだっけ?そうだったよな。ドイツはいいぞ はやく行け
関連記事
twitterへRTする 2017-12-17 : 普通の日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

お疲れ様です
ドイツすげえな本当
移住したい
2017-12-18 08:17 : URL : 編集
No title
ありがとう
住むのはまた違うんだろうけど
それはそれで魅力溢れるよなぁっておもいます
2017-12-18 21:58 : ztar URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。