自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【undertale】殺戮衝動

170516_202846_2344.jpg

詰みゲーが解消されてきたのでundertaleを購入した。で、2周目始めた後の文章。



※以下、直接的または致命的なものは避けるがネタバレ有。未プレイは注意されたし。



幸いにもこれまで「誰も死ぬ必要のないRPG」という謳い文句以外の情報を得ていなかったので
この世界に落ちてきた無垢な少女そのままで本能的に遊ぶことができた。
というのは嘘で、実際はその謳い文句のせいで誰も殺さないことで真Endに近づくのだなという
無駄な先入観と雑念を振り払えず、ハナから不殺の精神を胸に逆刃刀を握ってのスタートであった。
本来赦されざるものを赦し、汝は幸いなり世界は幸福であると説き伏せながら世界を巡っていく
聖人プレイが己の心に響いたかというと微妙なところではあったが、畜生の1匹に至るまで感動的
なまでに確立された個のそれぞれはそれまでの多くのゲームでは無意識に斬って払ってきたモノ共
とは全くもって質が異なっており、それは一期一会と呼ぶに相応しいものと感じた。

しかしながらいくつかの殺らねば殺られるようなシーンであっけなく不殺の誓いは破られてしまい、
そこから終盤に至るまでは「見苦しい風貌だな殺すか」のような感覚で何匹かの弱者を手に掛けた。
結局ブレた決意は、2周目での固い意思に期待するよとばかりの半端なEndのみをもたらした。

さて2周目は誰も殺さないことでお目出度い結末とするか。そう考えた、誰もがそう考えると考えた、
がどうにも1周目で各所を巡った際に引っかかる部分が多すぎた。意図的なのだろう、その上で2周目
の判断をプレイヤーに委ねているのだ。確かに1周目は誰も死ぬ必要がなかったかもしれないが
2周目でそれを完全なものとしてお涙頂戴、ゲームクリアと成るか。そういうお話ではないと思う。
恐らくそれは悲劇的な結末となるし、なんにせよ1周目のプレイヤーが見ていた(見させられていた)
幻想への形容し難い気味の悪さは拭えないままだ。
諸々思い返して考えたが、2周目は1周目を終えて抱いた衝動をそのまま実行することとした。
即ち、全殺しである。一人残らず塵へと還す殺戮の果てに答えがあるだろうと考えたのだ。
(決断の決め手はタイトルロゴ表示時のSEだ。ハートフルRPGであんな音は鳴らさない。)

というわけで現在2周目の道半ば。やはりモブを殺すのは気持ちが良いものだと感じている。
これも1周目で触れ合った彼らだからこそなのだろう、塵にするたびに心地良いカタルシスを得ている。
ただ今のところこれといった変化はないようだが・・・とりあえず一人も逃さず最後までやってみよう
関連記事
twitterへRTする 2017-05-16 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ