自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【雑記】Warhammer: End Times - Vermintideがたのしい

Warhammer: End Times - Vermintideっつぅどう略せばいいのか分からないゲーム
を買った。正式販売は15/10/23で、それまではβバージョンが遊べる。
今日はこれを軽く紹介しようと思うんだけど都合上L4Dを知らない人には意味不明な
内容となっている。まことにすまないと思っている


■どういうゲーム
 ・一言でいうなればBloodborneぽい世界観のL4D
 ・L4Dと同じ4人CoopのFPS。足りない分はCPUで補完される
 ・L4Dっぽいステージクリア型で、最後にフィナーレイベントがある
 ・敵は大量の感染者…じゃなくてネズミ人間。たまに特殊ネズミ人間が出てくる
 ・ボスとして上半身ムキムキのTan…ネズミが出てくる
 ・オマージュやインスパイア等という生易しい言葉は相応しくないレベルでL4D
 ・たのしい


ちなみに特殊感染…じゃなかった特殊ネズミ人間には現状以下の種類を確認している
(名称は知らないので適当)


 ・ニンジャネズミ
   ステルス状態で隠密行動し、こちらに十分近づくと突如姿を現して跳びかかり
   マウントを取って攻撃してくる。飛びかかられると自力脱出は不可能である。
   まぁHunterまんまなんだけど攻撃するとまたステルス状態になって逃げるので
   乱戦中だと仕留め切れないことも多くてウザい。

 ・バイオネズミ
   毒ガス噴射器で武装しており、着弾点にダメージフィールドを形成する弾を
   発射してくる。何発撃てるのか知らんけどほっとくとあっという間にそこら中
   毒ガスまみれになり視界も遮られるのですぐ倒したい筆頭。

 ・サスマタネズミ
   さすまたを味方の首にヒョイと引っ掛けてあらぬ方向へ引きずっておもちかえり
   しようとしてくるネズミ。いつの間にか出現していてドサクサに紛れて分断を
   狙ってくるのでJockeyみたいなわかり易さはない。引きずられ続けてそのまま
   体力ゼロになるとその場にさすまたごと立てかけられて放置され、周囲の雑魚
   に死ぬまでいたぶられることとなる

 ・ガトリングネズミ
   ガトリングガンをぶっ放してくる制圧力の高いネズミ。射線上に留まっていると 
   一瞬で蜂の巣にされるため出現場所によってはシンプルに脅威。少し難易度高く
   するともう撃たれたと認識してからでは生還は不可能

 ・ヨロイネズミ
   鎧に身を包んだ戦士然とした屈強なネズミ。下手な銃弾は全て弾き返される上
   攻撃力も非常に高いためサシで適当に相手しようとすると一瞬で斬り伏せられる
   ため近接戦闘でのテクニック(後述)をフルに活用してガチる必要がある。
   厄介なのが、単体でもかなり強いのにたまに集団でそのへんを行進していること
   があるという点。これに見つかると八つ裂き必至なので多分回避するのが正攻法
   なのかと思う。Witch的な存在かも

 ・タンクネズミ
   ムキムキのネズミ。ひたすら追いかけてきて殴ってくるバーサーカータイプで
   まんまL4DのTank。ゲームデザイン的にひたすら逃げながら撃ち殺すというのは
   難しいので逃げるだけでなく連携して立ち向かっていくことを求められる。


■L4Dと違うところ
 こんな項を設けたのは、同じ所を挙げるより違う所を挙げたほうがスッキリするからだ

 ・5つのクラス(キャラクター)がいる
   Witch Hunter:両手剣とか二丁拳銃を使う。バランスタイプって感じ
   Bright Wizard:典型的な魔術師枠で、ゲージ管理しつつ遠距離範囲で戦う
   Dwarf Ranger:斧とかボウガンとかで戦う近接クラス。防御力高いのかも?
   Way Watcher:短剣とか弓とか。まだ使ってないけどまぁアサシンタイプですな
   Empire Soldier:槌とか銃。大振りだけど範囲も威力もあるっていうパワータイプ
  ※所持武器はカスタマイズできるので必ずしも上記の限りではない。盾とかもある

 ・トレハン要素がある
  クリア時の成績によってガチャ回してイイ装備が貰える。白、緑、青までのレアリティ
  は確認できたがまぁ多分LegendaryやUnique的なものもゆくゆくは手に入るだろう。
  Prefix、Suffixもランダム付与されるのでここを軸に周回制を確立している。

 ・武器強化、分解などがある
  要らない武器を5つ放ると上位レアリティの装備がランダムで手に入ったり、触媒を
  消費して武器の能力を開放していく(初期状態では封印されている)などのシステムが
  存在する。他にもなんかあったけどよくみてない

 ・近接戦闘重視のバランス
  遠距離武器は基本的に射撃間隔が長く、弾も同様のゲームに比べて少ないので必然的
  にメインの戦闘は近接武器で行うことになるが、敵も槍や短剣等様々な武装をしている
  ためL4Dのような無双感そのままに敵をなぎ倒していこうとするとすぐ死ぬため難易度
  は高めかと思う。そのかわり右クリックでの防御や押し退けに加え緊急回避行動も
  備わっているのでここが一番のこのゲームらしさかなと。

 あとはほぼL4Dっすね(しつこい


ちなみに現状のβバージョンではマップは3つしかないけど正式になると10ぐらい増える
とのこと。ゲームボリューム如何はまだ計り知れないけど界隈での評価は上々、久々に
面白く遊べるCoopゲーが出たと密かな盛り上がりを見せ始めている。
野良でも遊んでいける屈強な魂または一緒に遊んでくれるフレンズをお持ちの方におすすめ
関連記事
twitterへRTする 2015-10-21 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ