自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【FF14】週末に1年ぶりにINして遊んだ話【無料期間】

[9075]150131_1139

週末はFF14が無料だったので久々(1年ぶりぐらい)に遊びに行っていた話。

やらなくなってたのは当時のエンドコンテンツだったバハ邂逅編5層を踏破して
そこで落ちるアラガン系防具も揃い神話も持て余して特にやることが見出だせなく
なってしまったのが遠因、トレハン的要素も乏しくて最終的には全員が同じ装備に
なって見た目もみんな一緒になるのもアレだったし、他に色々やりたいゲームあったし。
つっても当時のコンテンツ量は状況を鑑みれば全く以て仕方がないとしか言いようが
なく、休止したといっても悪い印象は最後までなに一つ抱くべくもなかった。
素晴らしい国産MMOが誕生したなと手放しで賞賛していたものだ。

して現在。情報をシャットアウトしていたわけではないのでおぼろげながら何が
追加されているのかは把握しているつもりだったのだが、レイドがリヴァイアサン、
ラムゥ、シヴァ、オーディン、ギルガメッシュ(まだあるかな?)と増え、他多数の
ダンジョン、大規模複数対人戦のフロントライン、ストーリー/装備品の大幅拡充に
新ジョブなどなどだろうか、1年も離れていれば当たり前だが非常の多くの要素が
増えていた。ほぼほぼ一本道だったゲームに多数の枝葉が追加されいよいよMMO
として花開いて久しいというところか。直近では今月末に例のアレ、あのゲーム内
ゲームセンター、ゴールドソーサーの実装が控えている模様。

ちゅうわけで数時間のパッチDLを経てINしたらそこはワインポートの酒場。
あぁバハ帰りのままだったかと懐かしさにふける。もうバハもCFに積めるように
なったようで、この場所に当時の賑わいは見られなかった。

とりあえず無料期間中は休止中に気になっていた要素を片っ端からベロリンチョ
しようと1年分溜まった新規クエストを片っ端から消化し続ける作業、10時間超。
「おっNoxじゃねぇか探してたんだよ」などと曰う気の長過ぎるNPCに涙するなど
しながらテレポテレポに次ぐテレポで「(!)」マークをひたすら消していった。
休職明けとはこういう気分なんだろう。

さて一段落したところでダンジョン攻略としゃれこむことに決めたのだが…
復帰したてのぺーぺーにとってこれはあまりに大きな壁である。プレイヤースキル
に絡む部分は最早忘却の彼方だが、「Lv50ナイト」という肩書がそれを許さない。
聞けば現状のアイテムレベルは最高で130にまで到達しているようだが、俺の平均
アイテムレベルは90。休止した当時においては最高水準に違いなかったと思うが
今ではユニクロ以下。同業者とすれ違う度にヒュウありゃあ復帰奴だぜと指を
さされている心地だ。CF申請一覧を眺めれば未挑戦のLv50コンテンツがはちきれん
ばかりにズラリ、あの頃よく通っていた極タコ、極イフ、バハ邂逅編などの
文字もある。新ダンジョンどころか今はこれらですらクリアできないだろう…
目の前がまっくらになった。

が、そんな俺にも最適なコンテンツがあった。


[9077]150131_1743

クリスタルタワー。8人PT×3=総勢24人で挑むコンテンツで、巷で言われるような
ギスギス大縄跳びといったイメージとは縁遠い場所だ。ストーリーを一通り終えた後の
冒険者が更なる難コンテンツに挑むに値する装備や、更なる強力な装備の素材などが
手に入るオアシスである。現在「古代の民の迷宮」「シルクスの塔」「闇の世界」
FF3のラストダンジョンにちなんだアレが一通りが実装されているが当時は古代の民の
迷宮しかなかった。というわけでそれに続く「シルクスの塔」、ここだ。ここに行こう。
あのBGMのリメイクも聞けるのかと思うと心高鳴るじゃないか

簡単だとはいうがもう実装されてかなり経ったダンジョンなので、現役勢に混じって
「腐ってもナイト」を通す以上はそれなりにギミックの予習をしてから臨むことにした。
…といってもとりあえずタンクは特別何か注意するってことはなさそうだった。
極蛮神やバハムートに毒されすぎていたかな、と変に身構えるのはやめにする。

突入直後のムービーで現代技術により顕現したクリスタルタワーの荘厳な出で立ちが
露わになり、思わず見入る。すげェ。ムービー終わった、誰もいねぇ、置いていかれた。
慌てて後を追う…そうだ、考えずともわかる事だ。俺がやろうとしているのは「攻略」で、
俺以外がやろうとしているのは「周回」なのだ。
しかしなんのことはない、高速周回など星の数ほど経験しているしギミックは頭に
叩きこんである(実行できるとはいってない)。まぁ大丈夫だろっと。

さて最初は各PTで雑魚をグループ別にタゲ取りをし処理─ってあれ、一人が全部
まとめて中央に集めてr…終わった。オイオイ何もしてねぇぞ。こんなん進研ゼミで
見てねぇよ話が違う。「教科書」を見直す間もなく、混乱するNewbieを尻目に一行は
次の層へ吸い込まれていく。

次の中ボス、3色の玉の処理と大技回避のギミックが攻略のポイントと聞く。
幸いOTのアライアンスに割りあたっていたためとりあえず取り巻きのタゲ取りは迅速に
と思い臨むもののPOP位置の把握をしていなかったため出現後に即対応ができない。
ていうかタゲを固定するまでもなく猛烈な火力であっという間に死んでいく。
あっこれPSO2で見た光景だ。なにこれ。とりあえず大技への対応に備えよう、
初見で死ななければ御の字だろう…ってもうボス倒れてるやんけ。なにこれ。

そんなこんなで気づくと俺はシルクスの塔を踏破していた。こんなにスピード感のある
ゲームだったとは知らなんだが、まぁ一昔まえのコンテンツではよくある話であるし
ギャーギャー騒ぎながら全滅しギミックを超えて歓喜するのは実装時現役のプレイヤー
のみに許された特権であるからしてじっくり腰を据えてとはいかないのは仕方がない、
つぅか代わりにこれだけ楽になっているのである、儲けものと考えるべきだろう。
先ずはここを周回して「戦記」を集め心身共に軌道に乗せるのが先決。
無料期間終わった後も細く長くやるのであれば次のアップデートを楽しめるレベルの
土壌を整えておく方に目を向けておくべきと気持ちを切り替えた。

で勢いづいたのでそのままシルクスの塔に続いて闇の世界を踏破、他ギルガメッシュ、
真リヴァイアサン、真ラムゥを討伐するなどして2日間の14ちゃんツアーは終了した
(内容は上記同様なんとも目まぐるしかったので割愛)。
まぁまだ楽やなっていうかなんだかんだ当時のプレイ感覚が戻ってきたんかなぁ



あとPSO2についてちょっと。
こちらは生放送があったけどまぁ大方予想通りだったよね、てかゲームそのものより
コラボ関連と通販っぽい時間のほうが長かったような気がしたけどまさかそんな。
あと最後に情報あったけどチャレンジクエストは12人のみなのかしら?ああいうのは
大人数でワーワードカーンで完結してほしくはないしそういうのは充分に間に合ってる
だろうで個人的には4人専用が良かったかなぁ。でも合流したり分かれたりってのを
マップの工夫でうまくやってくれれば楽しいかもなー、あとマッチングがCFよろしく
鯖の垣根超えるらしいから人いねーブロックには入れねーって事態にはならんのかね?
まぁまた続報待ちだなこりゃ。
AISvsマガツはまぁなんか爽快なミニゲーム感あっていいんじゃないすかね(投げ
関連記事
twitterへRTする 2015-02-02 : FFXIV : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ギルちゃんの待ちぼうけっぷりに草。かわいいところあるのね。
2015-02-08 17:39 : AoA URL : 編集
No title
FF5で登場した時のセリフですかネ。
おちゃめっぷりがこちらでも発揮されてていいっすねー。
2015-02-09 19:34 : ztar URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ