自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【PSO2】出口バースト~禁猟地帯利用生物供給排他制御方式~とは

巷で聞くことが稀によくある出口バーストとは何かについて
「出口バーストやるつってんだろ」「知らねぇよ氏ね」みたいなくだらん騒ぎを
起こさず、仲良く旨みを享受するために簡潔にまとめておく。
別に堅苦しいこっちゃなく、ただただ知っていればオイシイ情報である。
原理については間違ってる所があるかもだけど理屈は概ね納得できるようにしたつもり






■出口バーストとは
 PSEバースト時にマップの出口付近に全員で固まって
 敵を処理していくスタイルのことである。






■出口バーストが何故ウマイのか、比較してみる

【ありがちな従来方式】

wakiwaki01.jpg
 プレイヤー
 敵の湧く範囲

 PSEバースト時はキャラクターの周囲に敵が沸くため、
 敵が湧く場所は円で示した青い領域のどこかである。これだと・・・

 ・敵が色々なところに湧く
 ・360度を気にしながら敵を倒さなければならない
 ・思わぬ所から被弾する
 ・全体として敵の処理が遅れる
 ・従ってバースト時のボーナスを享受しにくい
 ・ということはクロスバーストも起こり辛くなる
 ・結果、得られる経験値も微妙なものに

となる。対して・・・




【出口バースト】

wakiwaki02.jpg

 プレイヤー
 敵の湧く範囲
 敵が湧かない範囲

 出口付近は絶対に敵が湧かない仕様である。従って、出口付近に
 陣取ると敵の湧く領域は青い領域に限定される。つまり出口付近で
 PSEバーストの処理を行うことで以下のような効果が期待できる

 ・一方向にしか敵が湧かず、全ての敵が視界内に収まる
 ・出口と反対の方向だけ見ていれば良い
 ・被弾の心配もほぼない
 ・青領域に集中して敵が湧くため、敵の処理効率は大幅に向上
 ・フォトンブラストもあっという間に溜まる
 ・ボーナスも享受しやすい
 ・クロスバーストも起こりやすく、非常に長いバースト時間が期待できる
 ・得られる経験値、レアチャンスも計り知れない

おれは絵の表現が下手なので図はちょっと極端にしてあるにょ






■出口バーストにおける近接職(Fi、Hu)の対策
 誰かが出口から離れればより遠くに敵が湧いてしまうため、遠距離職が
 多いほうが有利なのは明白
であり、昨今に見られる近接不遇の風潮
 の温床ともなりうる業の深い方式であることは確かである。
 しかしながら出口バーストの原理を理解してしまえば最善の策を講じる
 ことで貢献は十分に可能であると考える。以下、対策。

 【ファイター、ハンター共通】
  ・遠距離職が位置取っているところから離れすぎない。
  ・遠くに湧いたのは他に任せ、近くの耐久力の高い敵を迅速に落とす

 【ファイター】
  ・群れへの対処としてトルネードダンス×3のパレットをメイン運用
  ・高耐久の敵を迅速にデッドリーアーチャーで落とす
  ・範囲殲滅として高属性のラムダアリスティンによるオーバーエンドも有効
  ・射撃マグに着替え、泣きながらアディションする

 【ハンター】
  ・敵の塊にソニックアロウ
  ・アザースピンで敵をまとめつつ範囲殲滅
  ・高耐久の敵へのオーバーエンド
  ・アディション・・でもいいがHuは範囲殲滅に優れているので上記が優






以上。
主にPSEバーストを起こしやすいアドバンスクエストで運用される方式と
思う。慣れてくればPSEレベルを監視しつつ、意図的に出口付近で
PSEバーストを起こすことを考えてもいい。気の合う仲間とやるのが吉。

出口バーストは非常にウマい。しかしながらオンラインゲームのパーティでは
自分の常識他人の非常識が鉄則、決して他人に強要することのないよう・・・
関連記事
twitterへRTする 2013-03-17 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ