自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【MtG】大会初出場してきたの

週末はトレーディングカードゲームのマジックザギャザリング(以下MtG)の
小規模な大会に出場。本格的なのは初めてだったのでその模様をつづる。
経験者向けに書いたものではないので無駄な脚色がなされてはいる。



おれはそんなにカードも持ってないし、日夜カードで相手を頃すことに
心血を注ぐ真たるウィザードとしての志にも乏しい。
まぁそれでもこの日に備えて準備はしてきた。

組んだのはゾンビデッキ。といってもただのゾンビではない、生をつかさどる緑と
死をつかさどる黒があわさり最強にみえる二色混成。数としぶとさがウリで
死してなおよみがえるゾンビ軍団に生の力を与えていき、ムキムキで新鮮で、
バイタリティに溢れた生物兵器をこしらえるのだ。完成されたそれらは
一匹一匹がゲームを決めうる破壊力をもつのである。
・・・というのを理想にした。

相手は歴戦の猛者、展開されきってしまえばもう勝ち目はない。ゆえに、
序盤速攻がキーである。セーフルームから出た生存者に大量のゾンビを
けしかけてクソゲーにしていくのが主旨だ。君が死ぬまで殴るのをやめない。

[2246]130225_1948

※イメージ図



はて実試合内容を大筋で書いていきたいところだがなんのことはない、
序盤に全てを込め後のことなんぞ考えねぇ大振りが当たれば勝ち。
対策されれば負け。勇者が到着するまでに街を襲撃して殺戮の限りを
尽くし、王様をブッ飛ばして星条旗をおっ立てて勝利宣言できるかどうか。
町民の抵抗により時間を稼がれて勇者様御一行が到着してしまえば
殺戮されるのはこちらだ。

最初の数戦は本当に思うように事が運んだ。
開始直後から怨恨でパワーを増強したグール、滑り頭で強化された
ロッテスのトロール等が大暴れし、その他補助カードで相手の主力を
削ぎつつゾンビーズの進軍を支援。生気に溢れたゾンビたちの肌は
どんどんツヤツヤになっていく。相手のブロッカーが多く睨みあいに
なってしまいそうなこともあったが、我らが総帥、ジャラド様の呪術で決着も。

[2245]130225_1945

運も味方してか、連勝に連勝。
しかし勝ち数を重ねるごとにより精鋭と当たるように。俺のような
単純なコンセプトをもつデッキは当然、対策もされていて当たり前だ。
4回戦目、相手を殺しきるだけのゾンビを並べてほくそ笑む俺を前に、
この時の相手は俺のマナが尽きていることを当然、見過ごさなかった。

[2244]130225_1944

 「滅びよ」
天が割れ、裂け目から差す光により俺のゾンビーズは完全消滅。
全てのクリーチャーを破壊する、伝説のレアカード。こんなものも大会では
息をするように使われる。スペル主体のデッキであれば、このような
リスキーで暴力的なカードも相手のアドバンテージを根こそぎ削ぎ落とすのに
一役買うこととなるのだ。その後はじっくりと、真綿で首を絞めるように
こちらの全てを完封され、初の大敗北を喫した。
 「ほう・・・貴公、其れ程の力を持ちながら初陣・・・。興味深い」
この相手は無様に敗北した敵である俺を賞賛しつつ次のステージへ
上がっていった。なんというオーラだ。上位者とはやはり如何ともし難い
差があるのだということを痛感させられた。



最終的な結果は3位タイ、初参戦にしては上々だよな。
報酬配布枠に収まることができたので、かっこいい限定カードを貰った。



今パズドラでヘラ降臨やってて泣きそうになってるんでこのへんで一旦終わり。
テンションがおかしい。
関連記事
twitterへRTする 2013-02-25 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ