自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【CARTE】オンラインTCGの如何

TCG(トレーディングカードゲーム)のオンラインゲームってのは
いくつかやったことがあるんだが、まぁどれもこれも驚くほどのスピードで
過疎っていき、そのサービスを短命で終えていってしまった。

というのもTCGって、当然ながら最初から全てのカードを吟味して
自分のデッキを組んでいけるわけじゃあない。最初はなんもないよ。
カードという名の資産の増加によって遊び方の幅が加速度的に
広がっていくのがTCGの本質であって、その対価として金銭を頂戴する。
ゆくゆくはその名を冠する行為、トレードを他者と行い、自らの趣向や
理想に近づけていく終わり無き過程を楽しむもんだ。
「人」「金」「時間」を浪費するには事欠かない。

つまるところ、オンラインTCGってジャンルは数あるオンラインゲームが
掲げている「簡単」「お手軽」「誰でも」、こういった標語からは相当
遠いものであるといっていい。基本的には。

やるからには運営の手腕がほぼ全てであるといってもいいんじゃない。
チュートリアル、新規カードの入手方法、タイミング、強カードのバランス、
その時々の流行戦略、何よりユーザーからの意見収集と、それに対する
的確で柔軟な対応の可否全てが命運を握ってるかと思う。
サービス開始時点から情報の蓄積が物凄い勢いで進んでいくだろうし、
Wikiなどに強デッキレシピ一覧みたいなのが載るのも間違いない。
で、対抗デッキが練られ、メタ化が進む。課金の優劣は間違いなく
はっきりと表れてくるだろうし、新規カードも続々と追加され、
初心者参入の敷居は毎日高くなり続ける。
運営が「軌道にのる」なんてことはありえんだろう。
無課金勢たちの悲痛な声が聞こえなくなったらそれはもう終了の時かも。

・・・なんてことを考えてみたのは本日よりオンラインTCG「CARTE」
Cβサービスが始まるから。まぁ先行きが見えないと言いたいわけ
じゃあない。俺は昔から大のMTG(ミーティングではない)好きだし、
リアルじゃあ場所も時間も都合も限られてしまうTCGがオンラインで
遊べるとありゃあそりゃあもう興味津々なわけでおじゃんして。
しかしながら過去に悲惨な末路を辿ったサービスもあったわけで、
色々とこのジャンルには考えさせられるところがあるという話。

CARTE、気になる気になる抜け毛に体験増毛
関連記事
twitterへRTする 2012-03-14 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ