自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【旅行】台湾に行ってきたので写真とか色々

親日国であると言われ、ネット上でも珍しく良い話題の尽きない
台湾へ4日間の旅行に行ってきたので写真を貼りながら語るよ。
同行者に台湾生まれの人間+その知人の強力な現地人を
味方に加え、いざ向かうは首都台北(タイペイ)






写真 11-09-17 18 28 23_R

到着の松山空港より先ずは1枚。
外に出ればいきなり台北市街である。空港の位置する場所としては
少々の違和感、都心の大きな駅といった感じ。
因みに奥に見える高いタワーは高さ509.2m、101階建てを誇る
「台北101」。2004年に出来た時点では世界一だった、超高層ビル。
台北のランドマークであり、シンボルだ

(以下長文+写真多め注意)

写真 11-09-17 18 50 19_R

同市内のホテルまで車で15分。
昔は同国のおえら方が利用していたようないいところだったらしい。
きれいじゃんじゃん





写真 11-09-17 19 27 49_R

日も落ちてきたので観光スポットとしても有名な士林(しりん)夜市へ
MRTで向かう。どことなく新しさを感じる駅構内。近代的





写真 11-09-17 19 20 30_R

どうみても東京メトロ





写真 11-09-17 19 21 08_R

切符買うとこんなトークンが出てくる。これをピッとかざして改札をくぐる。
出るときに回収。





写真 11-09-17 19 34 23_R

夜市に到着。コミケ程度には人がいて驚いたが毎日こんなんらしい。
曰く「超凄いアメ横」。そこらに屋台がありなぞの食物がズラリ。





写真 11-09-17 19 58 24_R

パオズ(肉まん)、かなり並んでた。なんというかこう、日本で食べるような
整った感じのじゃなくて、庶民的な何かを感じる。うまい





写真 11-09-17 21 16 50_R

ゲーセンもあった。UFOキャッチャー系しかなかったが。
何回かプレイしてみたが、とりあえず景品を掴んではくれるものの
クレーンが上がりきったところで必ず離してしまうのでどう考えても
取れる気配がなかった。いけそうでいけない、という感じではなく
どう考えても無理。確率であからさまに強さが変化するのだろうか。
なお写真中央のどこぞで見たことのある物体はPSPではなくPVP。





写真 11-09-17 21 19 32_R

有名な兄弟と有名なネズミに限りなく近い何かが吊るされていた。
他意はないのだろうが、微風でゆらゆらと揺れている様は
ホラー以外のなにものでもない。





写真 11-09-17 21 54 58_R

ウン十年続いてるらしい有名なかき氷店。アイスのように見えるが氷。
色々な味が選べる。





写真 11-09-17 22 20 25_R

アジア各国では御馴染み吉野家もあった。インドネシア、シンガポール、
マレーシアあたりの吉野家は食べたことがあるが、大体日本と同じ様な
味を提供してくれるな。味噌汁は猛烈に不味い場合が多い。





写真 11-09-18 10 55 21_R

2日目、九份へ。台湾北部の山間の町だ。
サウザンド千尋のゴッド隠しのモデルとなったとも言われる場所であり
台湾の代表的な観光名所。観光客のほとんどが来る場所かと。
写真はその入り口なのだが、すぐ横のセブンイレブンが景観を
著しく損ねている。ここにたてんなよw





写真 11-09-18 11 02 25_R

九份は日本統治時代に栄えた町なのだがその後完全に衰退し、
映画のロケ地として使われるようになってから再び脚光を浴びたらしい。
そこからはもう完全に観光地化。町並みはしっかり残っているものの、
露店が所狭しと並んでおり「旧市街観光」という感じではない。





写真 11-09-18 11 13 47_R

なんか





写真 11-09-18 11 25 45_R

食ってばかりだが・・・うっぷ





写真 11-09-18 11 34 23_R

これは臭豆腐といい台湾でよく見るのだが名前以上に物凄い臭いがする。
台湾旅行者一番の関門といえる。正直吐き気がこみあげてくる。
現地の人にとっては非常に馴染み深いものらしいが・・・。
かなりレベルは高い。





写真 11-09-18 11 44 43_R

写真 11-09-18 11 46 08_R

奥へ奥へいくとやっとそれっぽい場所に。なるほど、確かにこの雰囲気、
線と千尋だ。見たことねぇけど。戦前のふいんきを感じることができる。
しかしこのあたり、日本人多すぎである。






写真 11-09-18 12 09 03_R

写真 11-09-18 12 16 11_R

こんなのも売ってた。どことなくふじょし指向なのは何故なのだぜ





写真 11-09-18 13 15 46_R

九份を去り、その足で海岸まで来た。
場所によっては沖縄が見えるらしい。一番近い島で100kmちょいしか
離れていないそうだ。相当近いなおい





写真 11-09-18 14 57 41_R

海辺のレストランで伊勢海老の昼食。
メニューが存在せず、外に多数ある水槽の中から食べたい食材を
「指名」すると、それを適当に調理して出してくれるという奇妙な
オーダー方式だ。向こうにしてみれば死のルーレットといえよう。





写真 11-09-18 15 45 10_R

ちなみにこのへんは旧工業地帯で有数の汚染地帯。
完全に泥水。きたねえええ





写真 11-09-18 16 53 58_R

TERA





写真 11-09-18 16 56 15_R

日本でいうお経がこっちでは歌になっており、中々の高bpm曲だった。
参拝客は皆驚くほどにノリノリで歌っており、聞けば台湾人は
老若男女、宗教に対する信仰心はかなり厚いのだとか。
途中、なぞのじいさんが声をかけてきて祀られてる神様についての
説明を流暢な日本語で丁寧にしてくれた。じいさんばあさんは
日本統治時代の影響で日本語が上手い人が多いらしい。
んで気さくでよく話しかけてくる。





写真 11-09-18 17 54 40_R

写真 11-09-18 19 20 18_R

「台湾の渋谷」と称される西門町へ繰り出した。
お前らどこにいたんだとばかりに若者が溢れておりまさに渋谷・・・。
ファッショナブルな若者達がスマートフォン片手に練り歩いている。
場所によっては歌舞伎町っぽい。日系企業が溢れ、現地の店の
看板にも日本語、日本語。つーか英語とかあんま見ない。
向こうの人にとっては日本語が第二外国語のようなものなのか?

ちなみにここにもゲーセンがあったので入ってみたら最新機種勢揃い。
IIDX(流石にRAだった)ユビートリフレクテクニカ太鼓などを複数台
取り揃えていた。日本と違うなと思ったのはテクニカがかなり盛況
だったことか。ローカライズされていないものばかりだったが現地の
若者たちは特に抵抗なくプレイしているようだった。





写真 11-09-18 21 30 46_R

晩飯は中華。小籠包うめぇワロタ





写真 11-09-19 13 28 42_R

日は変わって二二八和平公園へ。
名称の由来は「二・二八事件」である。これは日本敗戦後、
日本に代わって中国が台湾を統治し始めたんだがそのあまりの
クソさに台湾全土がブチキレて抗争した事件。
例によって中国様による力での制圧により多くが虐殺され、
無理矢理鎮圧されて終了と相成った。
というわけでそれにより犠牲となった台湾国民を追悼する記念碑
があるのがこの公園である。
ちなみにここでも同行者が通りすがりのじいさんに絡まれ、日本人か、
東京からきたのか、そうかそうかHahahaなどというやりとりをしていた。





写真 11-09-19 13 42 53_R

すぐ近くにある台湾総統府。国会議事堂的な?





写真 11-09-19 17 57 29_R

写真 11-09-19 18 00 46_R

その後、故宮博物院へ。世界有数の超蝶巨大な博物館。
全て見て回ると8年かかるらしい。建物がカッコイイ。
ロマサガ3の黄京的なアレだ。
故宮博物院は中国にもあるらしいが、文化大革命の時にほとんど
ぶっ壊されて残った大半の貯蔵品がこっちに避難したらしい。ワラ





写真 11-09-19 18 40 01_R

さて冒頭の写真にちょびっと写ってた台北101。
ここへは故宮博物院からタクシーで移動したんだが、この時の
タクシー運転手がこれまた日本語で絡んできて。
「ヨウコソ台湾ヘ!」と歓迎してくれて手持ちのデジカメに収録されていた
台北101の年越しセレモニーの動画を見せてくれた上にそれに
まつわるいくつもの豆知識を語ってくれた。
挙句の果てに台北101近くのオススメ写真スポットを教えてくれて、
そこで途中下車して写真をとってもらったり。
いやほんとこっちの人は温かいね、もう感動ですよ。人良すぎだろ・・・








見せてくれたのは多分コレ。すげーすげー ヴォー





写真 11-09-19 18 49 42_R

目の前から見上げて撮ってみた。でか
中は高級店だらけで異次元('A`)





写真 11-09-19 20 41 38_R

写真 11-09-19 20 44 32_R

ばんめし。現地のおじちゃんおばちゃんオヌヌメの焼肉バイキング。
ツアーガイド風情じゃまずくることはないだろうとのことだ。
おでれえたのが、調味料も全てバイキング。好きな肉を取って、
設置してある数多の調味料の中から好きなものを好きなだけ
ふって、厨房に渡すとそれをそのまま調理してくれる。
これは新しい・・・自炊したことない奴は終了





写真 11-09-19 20 46 00_R

後はしゃぶしゃぶ+台湾ビール
これは贅沢ですね






今回の旅で台湾の人の良さは本物だということが良く分かった。
あいつらやべえよ、武士道すぎるわ。
逆の立場になったときあれだけのもてなしができるのだろうか・・・

関連記事

twitterへRTする 2011-09-28 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ