自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【TERA】廃人勢はどうあるのか(長文中尉)

(※駄長文中尉)

ここ最近のMOやMMO、すぐにレベルカンストするゲームが多い。

何故?何故ってそりゃあ。レベル別に遊べるコンテンツを色々と
設けるもんだから、ライトな方たちが廃人勢と一緒に遊べなくて
コミュニティの成長を阻害するケースが過去に多数あったからで。
上限を果てしなく引き上げれば廃人の方々による利益独占や養殖、
そのための手段として不正な手段もあのテこのテで出てくる。
ゲームとしてのバランスも、経済のバランスもとりにくい。
開発コストもかさむばかりだ。

かくして、レベルの上限を低く抑えてはどうだろうかという試みが
なされた。昔のマゾいMMOのような年単位でプレイしなければ上位の
ダンジョンにいけないなどということもなく。サクサク遊べてすぐに
魔王の城へ挑戦できる。廃人の人たちとも滞りなく一緒に遊ぶことが
出来て。そうだ、今度はあの人も誘ってみよう、と。みんなが色々な
所へ行けるのだから、利益を独占するようなことも起こらなくて。
成長の為の養殖や不正手段も、そもそもの成長が楽々なのだから
蔓延しにくい。キャラクターごとに格差が出難いため、開発者も
バランス調整がしやすく、アップデート内容に力を入れられるだろう。
そんな、気軽で爽快なゲーム!
(韓国などでは廃人増産をシステム面から抑制する試みがされている
 ことは承知。こういったメリットも当然あるだろうということ)

と、こんな甘い世界が廃人勢にとって居心地のいいものであるか。
そんなことがあっていいわけがあるまい。
廃人勢は世の俗物との格差を得る必要がある。圧倒的な格差だ。
ついででゲームをやるような者達と肩を並べるなどと・・・なんたる・・・!
ボスドロップ率0.01%の光り輝く伝説の一振り、
多種の素材と僅かな合成成功率から生まれる禍々しいオーブ、
討伐例の殆どない強者の撃破により得る有数の称号、栄誉。
こういった要素にこそ廃人勢の目は輝き、胸躍る。
忘れたのかね?他者より上に立つというその圧倒的優越感。
幾度の失敗の果てに訪れた閃光の如き光明をモノにした時の達成感。
見たまえ現状を!廃人勢は咽び泣いているのだ。
「やることがない」と。

とまぁ上の文を要約すると「やりこみ要素は必要だろう」となる。
いわゆるやりこみ要素と言われるコンテンツからは、時にゲームの
バランスを崩壊しかねないものが仕込まれる。この存在、廃人勢の
ハートをがっちり掴むには十分すぎる代物であったりするのだが、
前半で言及したような問題を生む可能性を十二分にはらむ。
とはいえ、やりこみ要素という位置に据えるものであるから、
やりこんでもらわねば意味もないわけで、対価として与えるものに
それなりのものを用意するのは最低条件だろう。
従って、ゲーム内最強クラスのボスが落としたり、その素材を集めて
作れたりするのは決まって最強クラスの武器や防具であったりする。
だがしかし、そんなドストレートな危険アイテムを用意する必要が
果たしてあるのかどうか。その他のコンテンツの魅力を無きものに
するようならそんなものは絶対に要らない。オンラインゲームでは
周回性に重きを置くべきだ。周回必須にしろということではない。
Lv30のダンジョンからLv30の武器防具、Lv40のダンジョンからLv40の
武器防具、Lv99のダンジョンからLv99の武器防具が出るだけのような
ゲームであれば、Lv99の奴がLv30のダンジョンに行く意味など皆無。
Lv99がカンストなら、普通はLv99のダンジョンにしか行かなくなる。
結果、割と速くダレる。こういうゲームはいくつか知ってる。

何が言いたいかというと、やりこみの対価を強さに還元する必要が
必ずしもあるわけではないということ。廃人と呼ばれる者達が
欲するものとはなんであろうか。他者を驚愕させる程の強さ?
もちろんそうだ。街中で名を知らぬ者などいるのかという程の
ネームバリュー?もちろんそうだ。全てをひっくるめて。

  「目に見える栄誉」

と言おう。異論も多種あるだろうが俺の考えとして。
最強クラスの装備をしていても、見た目が汎用のものではどうだろう?
隙を見て最大クラスのダメージを叩き込みパーティーに貢献していた
としても、自分の出したダメージは自分にしか見えない仕様だったら?
ガッカリしない?早々達成しえないようなことが出来たら、さもそれが
当然の事であるかのように関連スレとかに書き込みたくならない?
そう、自己顕示欲ってヤツね。人に知られてこそ功績や経験は輝く。
見た目、ダメージ、所属ギルド、名前、称号、居場所・・・これら全て、
目に見える栄誉として成り立ちうる。かなり極端に書いてるけど、
オンラインゲーマーなら割と分かってくれる所はあるんじゃないかと
思ってたりする。

さて、TERAが期待せざるをえないような状態になっている
(ハンゲ自身が煽りまくっているのだから当然である)中で、

・Lv50(カンスト)まですぐ上がる
・結局Lv50ダンジョンの周回となる
・で、すぐにやることがなくなる


という話も耳にしたので釘を刺すような話がしたくなりこれを書いた。
結構意外なところでプレイヤーのモチベーションってのは保たれたり
するもんだと思う。
例えば、MHFのハンターランクとか。HR1~HR100までは要素解禁の指標
だけどそれ以降はただの廃人指数であって、上げても別段変わることは
ないのに999まで上がるようになってたりする。でも、それだけでも
あるとないじゃ随分モチベーションが違ってくるんじゃないかなって。
ROとかも、一撃で倒せるような低レベルの敵であっても見た目装備や
カードを落とすかもしれないっていう期待があったりする。おかげで、
どんな狩場でもワクワクできた。

さて、TERAはどうだろう?あの馬鹿みたいな開発費が一体どこに
かかっているのか。今から楽しみで仕方がないと思わないかい?

なお、こんな記事の更新通知に#TERA_JPタグをつけない程度には
俺は利口であった。アーマン♂かわいい*^^* みなさんは何にします?
とかやるのはβ直前でいいかなって。
関連記事
twitterへRTする 2011-03-28 : TERA : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ