自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

新・ラ王を食べたよ

11 18 34 30

真・ラ王を食すの巻。追湯イベントなるものでのラ王終了宣言、数日後の
復活宣言にて物議を醸し出した一品である。なに、いいじゃないかそんなもの。
新しいというのはよいことである。なにより。

日本のカップラーメンマイスターであるあの日清が「日清市場最高傑作」
銘打っているのだ。そしておれはラ王は好きなのだ。食わずしてなんとするか












11 18 34 40

あけてみた。かやく2袋、粉末スープ、液体スープ。ありがちな構成だが
粉末は後入れのようである。待ち時間は5分ということで、すぐ食べられるのが
魅力であった旧ラ王に比べて一気に最遅クラス。まぁこのへんは気にする人は
少ないか?麺はかなり太めでガッチリとしている印象を受けた。












11 18 34 50

waiting...












11 18 35 01

じゃーん。
あー、もう香りからラ王だよ。確かにラ王だこれは。さて、早速食ってみよう。

ちょっと麺が固めだろうか。俺の好みの問題でいつもは表記マイナス30~50秒ぐらい
で食べ始めるのだけど、これに関しては5分きっかり待ったほうがいいと思う。表層
のほうはスパゲティに火が通ってないような感じの微妙な食感になってしまっていた。
ここはちょっと後悔。同時に、あぁもう生めんではないのだな、としみじみ実感した。

が、やはりラ王だ。スープもほぼ旧来ラ王そのままの味がしたと思う。
麺も後半になるにつれ、本来のもちもちとした食感になってきた。これはすごい、
生めんの感覚・・・である。ここは本当に日清の研究の成果たるところだろう。
太めの麺であるが故、量が少なく感じてしまうところもラ王である。ぐぬぬ

これはラ王であろう。が、しかし。ラ王でしかなかった。
「ノンフライ麺でコストを抑えつつも本来の生めんタイプクラスの味に追いついた」
というものでしかないように感じた。技術的には素晴らしいのだと思う。
史上最高傑作だろう。でも食すのはかつての生めんラ王を知っている顧客たち。
”同程度”ではどうしても物足りない何かを感じる。わざわざの生産終了宣言、
直後の復活宣言、一連の魅せ方で散々興味を抱かせた”割には”、、、
という点で、感想としては「こんなものかな」だ。やはり舌に、喉に訴える、
新しい何かを感じさせるものであってほしかった、という期待があったから。
その点は残念だ。

しかしやはりラ王は美味しい、素晴らしいものである。日清の本気を感じた一品。
関連記事
twitterへRTする 2010-09-12 : 普通の日記 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

そういえば、過去にシンガポールに持っていったことがあったな。

鞄の場所を取って、すげぇ大変だった記憶がある(笑)
2010-09-12 13:59 : にしこり URL : 編集
No title
おはしがかわいくて印象が変わりました
2010-09-14 12:24 : u5 URL : 編集
(;^ω^)なんやて
>西こりさま
ありがたかったよ!

>u5さま
今までの印象を教えていただけませんか
2010-09-14 21:54 : ztar URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ