自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【雑記】RPGツクール2

160328_215522_743.jpg

RPGツクールVX AceをSteamのセールで9割引698円で入手した。
まぁ単なる気まぐれであって特別何か作ろうとしているわけじゃあないんだが。

俺が始めてツクールと出会ったのはSFC用として1996年に発売されたRPGツクール2。
当時はドット絵RPGの黄金期である、数年内にはクロノトリガー、ロマンシングサガ3、
ファイナルファンタジーⅥといった不朽の名作が矢継ぎ早に世に送り出されていた。
妄想に事欠かなかった多感な時期であり、俺はその時進めていたゲームのことも忘れて
このRPGツクール2で様々な「作品」("くろれきし"と読む) を作り上げたのを覚えてる。
当時のツクールは今のように便利な機能の数々がないばかりか容量の関係でスイッチ
やフラグのひとつを使うのにも事前検討が必要だったレベルだが、そういった制約が
あったからこそその中で如何にイベントの数々の使用メモリを低く抑えた上で全体の
バランスを整え起承転結させるかという「遊び」があった。故に大作を作ろうとして
頓挫するといったツクールあるあるが少なくとも俺にはなかったのだ。

ちなみにこのRPGツクール、時間や衝撃等によりデータが失われてしまうカセットROM
でありながらも当時死ぬほど流行らなかったサテラビューとかいう超が10個ぐらい付く
ほど画期的だった周辺機器に対応しており、付属の大容量フラッシュメモリ(8MB)
自らの作品を保存することができた。幸か不幸か、これを通して、今でも現代に当時の
八百万の深淵なるRPGが残されているのである。これらは中古ツクールを購入し中に
残っているRPGを配信しつつ遊ぶのが目的のハンター達により無慈悲にもいくつかが
発掘され、今もニコニコ動画等で視聴が可能だ。恐ろしいことだ。





…余談だがサテラビューは本当に画期的であった。パソコンなんて持ってる奴ほとんど
おらんし、Windowsなんて知らねぇ、携帯電話なぞ誰も持ってやいねぇ、ネットなど
もってのほかという時代にアナログ衛星放送の仕組みを利用してゲームやアップデート、
イベントの配信等を行い、仮想の街中を歩きまわって変化する住民の会話を楽しみながら
それらを体験できるとかいう信じ難いサービスだったのだ。完全に未来に生きていた。
しかしながらその恩恵と未来性に目をつけ、かつ当時は高価であったBS放送受信機器の
契約下であり、その上で(ゲーム周辺機器としては)高価なサテラビューセットを購入し、
というのはターゲット層である子供達にはあまりに敷居の高い話であった。更にこの頃
はロクヨンとプレステの次世代ハード戦争の真っ只中。爆死もしようというものだ
twitterへRTする 2016-03-28 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【PSO2】オーディンの例の設定について【FF14】



おどろきのコラボ。つっても以前からいくつかの発言でその兆候はあり、公言すると
色々アレな筋の情報でもその存在は取り沙汰されていたことから、ようやくきた、と
いう感じ。とはいえコラボボスまでくるとは…オーディンを予想していた人は少ない
のではないだろうか?確かにいくらコラボとはいえ完全な別世界にFFのキャラが登場
するというのはFFサイドからしても設定からしてそれなりの妥当性が無ければならない
であろうから、未だ謎が多く神出鬼没な蛮神である彼は適役と言えたのかもしれない。



[6539]130911_1911

さてこのFF14オーディンであるがフィールドに出現するものに限り特別なギミックが
あるのをご存知だろうか。そう、毎回顔と体型が異なるのだ。彼の姿は身を包む鎧と
愛馬スレイプニルを除き、「前回登場時にトドメを刺したプレイヤーキャラ」のもの
となるのである。想像の翼を広げて頂きたいのだが、この仕様がもしPSO2側で適用
されるとしたらどのようなことになるだろうか。FF14ではどんなキャラクリをしても
それなりに見れるイケメンや美女となるので何のことはないが、PSO2のキャラクリの
尺度をもってして毎度毎度あんな顔やこんな顔のオーディンが登場してきてはたまった
ものではない、手が震えて攻撃などできないであろう。周囲のプレイヤーも当然のこと
ながらオーディンをこんな顔にしてやりたいという自慢の面々で臨むこと請け合いで、
さながらお笑いキャラオーディションの様相を呈するであろうことは想像に難くない。
可能性は薄いだろうが、もしこの仕様まで再現できているならオーディンには是非とも、
究極のキャラクタークリエイトの真の恐怖を骨の髄まで味わって頂いてから黒衣森の
ほうへ帰っていただきたいものである。



しかしあれだローンチから両方やっていた身としては感慨深いコラボだ
twitterへRTする 2016-03-23 : PhantasyStar : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【グラブル】Brilliance of silver heaven

160319_105441_734.jpg

ClassⅣになるのを当面の目標としたが、そのためにいずれかのジョブマスターピースを
属性変更するまで解放する必要がある。これは解放希望のクラスに紐付いた武器でなく
ともよいので、基本的には武器エレメントを多く用意できそうなものをチョイスするのが
無難だろうな。英雄武器自体の性能で選んでもいいだろうがそんな余裕などない



160319_104950_733.jpg

というわけでおれは剣エレが潤沢にあったので剣聖武器のアシュケロンを用意した。
ここからリビルド、属性変更と二段階の強化をする必要があるのだが信念と職業別の証、
銀天の輝きをはじめとして十天衆並かそれ以上の労力を必要とするのでゆっくり進めて
いきたい。毎日の職業証の交換を忘れずにしないことと、暇を見つけて共闘クエのEXに
通いつめるということさえ徹底していればそう遠くないうちに必要数は揃う筈である…。
他のClassⅣも見据えて証も狙っていくって考えるとEX1-3よりかはティターンやらの
周回部屋とかやったほうがよさそうだよな、何度か立てて実入りを見てみるか



160314_224613_715.jpg

銀天の輝きは現状ではグランデをいかに自発するか、となる。出ないことのほうが多い
感じではあるけど茨おばさんからのドロップが期待できない以上、こちらで回数を重ねる
しかない。つまるところオリヴィエ等の新マルチでアニマを狙うのが優先的な日課になる



160318_203911_728.jpg

当のグランデは全体火力が普通以下でもフェイトルーラーにゲージしっかり食わせて
いけば上記SSタイミング(20%?)でのゲージMAXまでは誰でも安定するだろうけど
大抵はここいらでオポジッションなりコンジャンクションなりを受けることになりそうな。
前者はカット合わせればいいけど、ODしてたらどうにも手が出なくなってしまう。
まぁ100%カットできればHP1になるだけで死にはしないんだけど。
とりあえず風パでも四天アルケミで前半ポーション作っといて終盤戦でオリヴィエ、
アテナ、ガルーダ、光鞄で凌げばかなり安定するしたまにMVPとかも取れたりする
ので構成はこれでイイ気がしてきた。もちろん自分でファランクス持ってってもいい
んだけどそれなりに火力貢献はできるから俺は火力枠、と割りきって参戦してる。
twitterへRTする 2016-03-19 : Portable : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【PSO2】前時代的ギャザー

刺激を与えるとすぐに凶暴化し徒党を組んで襲ってくるプレイヤーテロリズムの脅威から
身を守りつつもクラスバランスもといスキルの調整を行っていくための策としてぷそげ
では既存スキルの変更ではなく新しいスキルを追加することで遠回しに調整パッチ適用の
有無を選択できるようなやり方を好き好んで行っている、というか常態化して久しいけど
この方策のせいで最早ツリーである意味が全く無い散らかりきったスキル群の汚らしい姿
にいよいよ限界なりやと悟ったのか、ギャザリングとかいうクソコンテンツ 新体験に
各種調整案の行先を定めたようだ。PAカスタマイズとかはもう飽きたらしい。

ギャザリング自体はMMO黎明期からよくあった取ってつけたような単なる採取行為かと
思いきゃなんとそれにスタミナ制と課金要素を化学調味料として振りつけた劇物として
提供されており、揚げる前の唐揚げにレモンがかかったモノにも劣る驚愕の内容である。
釣りしようとしてスタミナ切れてると突然課金チャージの確認窓が出てきたりするあたり
もいやらしく、うっかりACを使ってしまいそうだしこれが本当のフィッシング詐欺だろうか。
まぁギャザリング行為自体は虚無であるがゆえに害はなく、このコンテンツの本体は
その無為な作業を繰り返すことで手に入る食材/鉱物という体のアイテムリスト圧迫用
マテリアルと交換可能な「スキルリング」である。これにより様々なスキル、効果を得る
ことができるというわけだ



160313_202912_703.jpg

とりあえずマイブーム中のガンナー用にフロントSロールを取得。これにより簡単操作で
誰でも爽快四方向スタイリッシュロールというわけである。これまで一々地味な小細工を
弄して前方向に跳ねていたガンナー諸氏としては待望のスキルであるが同時に単純作業
でない玄人クラス感が薄れて複雑な気持ち、という方もいるかもしれないな。
使ってみた感想としては当然ながら便利、暴れがちなデッドやグリムで大雑把な距離を
詰めてからの微調整やPAコンボの初手という形で実に重宝する。何故最初からこう
できなかったのかという思いが先行するのは必然だったにしても実装当初はクラスの
コンセプトからして崩壊していた 今と異なっていたし、Sロールは作り手としても
"回避しながら距離を取る行動"ぐらいの認識しかなかったのだろう・・・たぶんな

ただ、前ロールは横ロールと違って高度が稼ぎにくいし、後ろロールと違って発動後の
横入力で横ロールに転換できないし、戦闘中等は特に前入力が意図せず入ったままで
あることによる前ロール暴発事故が多発しそう。慣れればボスへの張り付きは圧倒的に
楽になるんだろうけどなぁ。まぁこれに関しては受ける恩恵を考えれば取得一択かね?

もう片方はとりあえずキリングボーナスにしてる(サブFiなのでクリスト無理だしな)けど
様子見て他のに変えるかも。
twitterへRTする 2016-03-13 : PhantasyStar : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【雑記】Grim DawnとメドゥHL

160308_234841_689.jpg
(微妙なSSしかなかった)

数年のβ期間を経て正式リリースされたGrim Dawnをプレイ。
まだ一周目のクリアにも及んでいないがDiablo式のハクスラにMMOのエッセンスを
色濃く取り入れているなという印象がある。クラスが2つまで同時に取得できてスキル
取得がツリー的な方式であったり、クエスト進行状況に応じた派閥の友好度なるもの
があったり、パーティでの戦闘ではかなりヘイトコントロールが大事だったり、と。

進行のテンポこそインスパイア元には到底敵わないが、広大なオープンフィールドと
各地に多数存在するサブクエストを前にして次はどっちへ行ってみようか、東か西か
と冒険する感覚がこのテのでは意外と久しい。値段も安いし、評判に違わぬ良ゲー
である。有志による日本語化パッチもあるので安心だ。





160304_003255_663.jpg

グラブルは悪名高いメドゥーサHLからプシュケーを採取中。色々と言われてはいるが
ボイチャ必須でもなければ大縄跳びでもなんでもなく、気をつけるべき数点のギミック
の対処方法と参戦クラスに関しての事前打ち合わせが必須なだけである。
問題はこのゲームではその必須となる場を用意することができず、外部ツールやSNSに
頼らざるをえないという点なわけで。しかしゲーム内でSNSのID交換などしてはmobage
とかの規約に触れるのだ、くそったれ。

つまるところシステムとして以下のようなものが望まれる

 ・6人以上の参加が可能なチャットルーム(共闘部屋のようなスタイルで良い)。
 ・野良マルチの外部からの参戦者情報確認(最低限、クラス。他ランク、EXアビ等) 。
 ・定型文編集機能、または拡張。死にそうじゃねんじゃ

それぞれ基幹としての機能は別画面、別コンテンツで確立されているのだからなんとか
して頂きたいなぁ。更なる上級者向けコンテンツを追加していくだのと息巻く前に、
"必要最低限"の環境整備をお願いしたいという一心である。HLコンテンツ自体は
面白いだけに、実難易度以外の部分で参入障壁が高すぎる現状は残念極まる。





さて3/10前後はグラブルのアプデにDivision発売に、ぷそげのギャザリングアプデに
その他やってるゲームの多くでイベントが始まったりと本気で忙しい期間になりそう。
帰宅してからの時間は1分1秒たりとも無駄にできないし、事前にしっかりとゴール設定
とスケジューリングをしておかなければな
twitterへRTする 2016-03-09 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【PSO2】レイヤリングウェア

そういえばぷそげではEP4でレイヤリングウェアというものが導入されており好評を
博している…かは分からないがコスチュームがインナーとベースとアウターに分かれる
ことでキャラメイクにとんでもない自由度をもたらしている、と同時に新フィールドが
東京ということもあろうがファンタジーのファの字もないそのへんの私服のようなもの
が続々と登場している。俺もメセタ難民ながら何着かレイヤリングウェア対応のものを
購入し、組み合わせや色合いを色々と試してみてはこのゲームのキャラクリもここまで
きたかと舌を巻き賞賛の声を上げている毎日だ。

しかしながら下着のチョイスや個々のウェアの色彩の組み合わせ、多数身につけられる
ようになったアクセサリー、増え続ける髪型というものを前にして俺はひとしきり
モニターの前で腕組みをして考えこんだのち、そのままエステを退出してしまうことも。
そう、難易度が高いのだ。学生時代から事あればチェックのシャツや黒基調の上着を
何も考えないで着こむタイプの、オシャレというやつには無頓着な超々量産型理系青年
だったこの俺には。いや、まぁそれはそれとして考えてみてはいるのだ。白の上に青い
ウェアを着る、いやしかしこの赤のストライプは変ではないか…?この色合いに対して
ソックスは白か黒か…髪の色に対してはどうだろう、このアクセサリーの色は?これでは
眼の色が浮いているな…いやこの髪型のテーマに対してこの服装はそもそも合わない
のでは?小柄体型が着るものでもあるまい…などなどなどなど。その割には現実の
ファッションには疎い、いい年の大人がモニターの前でこんなことを考えているのだ。
罰ゲームにしても無惨と言えよう。

そう、EP3以前まではそんなことは考えなかった。出来合いのものが提供されてくるの
だから。良いと思ったものをぺぺーっとキャラに試着させて、オッこれは良い、購入だ!
でほとんど完結していた。EP4では先ず下着ショップに行かなければならない。そこから
試される己のセンス。そこに自信が全く無いなどと言うわけじゃあないが…難しさはある。
というのもあり、基本的に高価というのもあるが以前よりはキャラクリ周りに資金を
割かなくなってきた気もしなくもないのだ。
やはり、俺にとってはぷそげはアクションゲームありきであり、キャラクリはオマケ
なのだ。これは否定はさせない、が故に、俺もまたキャラクリメインその他、数多ある
遊び方のそれぞれを一つとして否定はしない。

そんなわけで今後も続々追加されるであろうレイヤリングウェアに対して不安の念を
抱かざるをえないいちアークスの呟きであった。いやレイヤリングウェア自体は本当に
素晴らしいものであって今後も進化していけば良いのではと思っているし、キャラクリ
自体好きではあるのだ。決して嫌なことなどない。
まぁ、うん、分かる奴だけ分かってくれ。願わくは一着モノもたまには出してくれればと。
以上だ
twitterへRTする 2016-03-03 : PhantasyStar : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム


プロフィール

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ