自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【PSO2】深淵なる闇初見バトル雑感

※世にも恐ろしいネタバレだらけの記事。初見の感想なので攻略要素はないです






ぷそげEP3ラスボス、深淵なる闇とのレイドバトルが実装された。たのしみですね






151028_200103_239.jpg

前半戦は双子との戦い。予告動画で多数の脚が確認されていたことから部位破壊可能箇所
の多さが懸念されており、また二種のDFをその身に取り込んだ玩具ダーカー元締めとして
どのようなギミックが仕込まれているかに注目が集まっていた。
その実態はそびえ立つハリボテのそれであり、弱点は最初から露出されていてそこしか
ロックができないため殴って壊していれば死ぬ。家ダーカーより単純とは思わなかった
おわり






151028_200912_252.jpg

後半戦。巨大なアーレスが飛んできてさぁここを殴るんだとばかりに弱点を足場に
グイーッと押し付けてくるのでそこを殴っていると逃げて遠距離攻撃してくることの
繰り返し。弱いバルロドスって感じ






151028_200951_256.jpg

しばらくするとザザーってなって






151028_201041_265.jpg

弱点武器が追加される。自分から増やしていくのか…(困惑)
このへんから流れるPSOEP3ラスボスのアレンジが超かっけー









151028_201037_260.jpg

いかにもな攻撃箇所がでてくるのでそこを殴り続けるだけ。飛び去った後に発狂ビーム
攻撃的なのがあったけど範囲予告は意外と分かり易いので回避は容易。当たっても
別に平気。






151028_201215_272.jpg

高速で上空飛んでるのを撮影するぐらいの余裕はあった。






151028_201228_277.jpg

適当にダメージ与えると脱皮してかっこよくなる。太陽王感あるな フハハ…






taiyou-oh.jpg

ちなみに太陽王はこっち。うーん、まぁ、うん






151028_201322_292.jpg

直後、深淵が大技っぽい溜めを始めた直後にザザーってなって






151028_201333_295.jpg

場面が切り替わり己との戦いへ移行しクソダメを飛ばしてくる。弱かった。
タイマンだけど他人のWBとかチェインとかついてたしHPとかも共有なのかね。

(なんでいきなり自分が出てくるんだと思ったけど、これは敵の大技を抑える為に深淵
内部でいい仮面とわるい仮面が戦っている演出のだろうという考察を見かけてなるほど
なるほどと。そう考えるとなんとも粋である…ストーリーやってればピンとくるわけ
だな。俺はやっててもピンとこなかったけどな。すまん菅沼)






151028_201303_288.jpg

再び12人集結、例のBGMと共に最終形態とのバトルへ。アークスの勝利を信じて!
一体どんな攻撃をしてくるんだ!?






151028_201233_279.jpg
ふりかぶってー!






151028_201234_280.jpg

ビターン!あっはい






151028_201304_290.jpg

でもすぐダウンしてしまった。インフレなめんなよ






151028_201420_298.jpg

終わった。薬の残量見たらディメイトが4つほど減っていただけだった。なんなんだ






151028_202324_300.jpg

赤箱からゴミを回収して終了。みんな一様に「展開は良かった」という感想なのが
面白かった。展開は良かった。






というわけでルーサー戦のような驚きと緊張感を期待していた俺が馬鹿を見たという
ことでひとつ。ストーリーの展開上ありがちな必勝のイベント戦みたいなノリなのかな。
種々の演出はエピソード終盤の展開に相応しい素晴らしいものだったと思うよ

これ以上書くと記事が汚くなってきそうなのでまだ美しさの残る感想を吐ける内に撤退。
twitterへRTする 2015-10-29 : PhantasyStar : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【Vermintide】ネズミを愛でる終末

151025_192348_232.jpg

前回お伝えした世紀末ネズミファンタジーVermintideが正式に発売されたので週末は
駆除に追われていた。これね特殊ネズミがほんと凶悪なもんでマップによっては
Easyですら全滅の危険があるんだよな。屈強なネズミウォリアーに追いつめられつつ
もなんとか耐えているって時に一人拘束されて路地裏に連れ込まれていった時とか
もうなんにもできないもどかしさがヤバい。このまま薄い本は御免だと他の誰かが
救援に向かっていくんだけどそいつも物陰でステルスで潜んでいた忍者ネズミに
マウント取られて解体され、そうこうしてる間に路地裏に連れて行かれた奴は磔に
されて生けるサンドバッグへ。もうだめかと思ったところで俺の前に飛んできたのは
もう一人の味方だった肉塊、更にダメ押しゴリ押しで乱入してきた大型筋肉ネズミ
によって泣きっ面にジャーマンスープレックスでフィニッシュされるなどである。
ここまでの仕打ちをうけると最早Retryを選択する者など一人もおらず宿屋に帰還
させられるしLoadingが終われば他は全員落ちていて俺一人。
やはり人間がネズミに勝つなど難しいのかと思わされる一幕は一度や二度ではない

でも難易度高めだからこそ、難所にてタンク役のシールドバッシュ等で前線を維持
しつつ後方から範囲攻撃で雑魚殲滅し、凶悪な特殊ネズミを接近前に遠距離から
撃ち落とすなどの連携が取れた瞬間の気持ちよさはたまらねぇ。キャラごとのロール
が異なるからこそ頼れる男の背中がより一層光るのである。
今はまだNormalで精一杯だけどいずれはHard、Nightmareとできるように…て、
更にその上にCataclysmってのもあるんだっけか。やばそうっすね







グラブルちゃんはシエテにかまけてここまできた

151025_132013_230.jpg

151021_194902_194.jpg

151025_132101_231.jpg

進捗としては気づけばもう後半戦だろうでかすかにゴールが見えてきたというところ。
つっても時間をかけるだけではどうにもならない覇者の証と虹星晶がまだまだ大量に
足りないので時間的にはまだまだかかりそうである。
とりあえず団イベが始まったし今はそっちに注力しなければならねぇ

んでその団イベだけどEX+のボスが最近のイベントボスとは一線を画した強さで、
ランク詐欺を地で行く俺は低まって防御一辺倒にし時間をかけて倒すしかないのだが
ソロで倒しきるならダクフェにEXアロレまでは鉄板だろうか(ブラインドもアリかも
だけど50%発動の特殊行動の威力を考えると厳しい)。
後はOD技のタイミングと50%特殊行動のタイミングを合わせられればバウタオーダ
にかばってもらった後に4番手のソフィアに出てきてもらって蘇生と回復を回す感じ
になるだろうか?そこまでうまくいくかな、まぁ色々試してみるか。救援前提なら
ホリセにして他メンバーを火力寄りにすると周りの負担も減っていい気もしているが
twitterへRTする 2015-10-26 : Steam : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop

【雑記】Warhammer: End Times - Vermintideがたのしい

Warhammer: End Times - Vermintideっつぅどう略せばいいのか分からないゲーム
を買った。正式販売は15/10/23で、それまではβバージョンが遊べる。
今日はこれを軽く紹介しようと思うんだけど都合上L4Dを知らない人には意味不明な
内容となっている。まことにすまないと思っている


■どういうゲーム
 ・一言でいうなればBloodborneぽい世界観のL4D
 ・L4Dと同じ4人CoopのFPS。足りない分はCPUで補完される
 ・L4Dっぽいステージクリア型で、最後にフィナーレイベントがある
 ・敵は大量の感染者…じゃなくてネズミ人間。たまに特殊ネズミ人間が出てくる
 ・ボスとして上半身ムキムキのTan…ネズミが出てくる
 ・オマージュやインスパイア等という生易しい言葉は相応しくないレベルでL4D
 ・たのしい


ちなみに特殊感染…じゃなかった特殊ネズミ人間には現状以下の種類を確認している
(名称は知らないので適当)


 ・ニンジャネズミ
   ステルス状態で隠密行動し、こちらに十分近づくと突如姿を現して跳びかかり
   マウントを取って攻撃してくる。飛びかかられると自力脱出は不可能である。
   まぁHunterまんまなんだけど攻撃するとまたステルス状態になって逃げるので
   乱戦中だと仕留め切れないことも多くてウザい。

 ・バイオネズミ
   毒ガス噴射器で武装しており、着弾点にダメージフィールドを形成する弾を
   発射してくる。何発撃てるのか知らんけどほっとくとあっという間にそこら中
   毒ガスまみれになり視界も遮られるのですぐ倒したい筆頭。

 ・サスマタネズミ
   さすまたを味方の首にヒョイと引っ掛けてあらぬ方向へ引きずっておもちかえり
   しようとしてくるネズミ。いつの間にか出現していてドサクサに紛れて分断を
   狙ってくるのでJockeyみたいなわかり易さはない。引きずられ続けてそのまま
   体力ゼロになるとその場にさすまたごと立てかけられて放置され、周囲の雑魚
   に死ぬまでいたぶられることとなる

 ・ガトリングネズミ
   ガトリングガンをぶっ放してくる制圧力の高いネズミ。射線上に留まっていると 
   一瞬で蜂の巣にされるため出現場所によってはシンプルに脅威。少し難易度高く
   するともう撃たれたと認識してからでは生還は不可能

 ・ヨロイネズミ
   鎧に身を包んだ戦士然とした屈強なネズミ。下手な銃弾は全て弾き返される上
   攻撃力も非常に高いためサシで適当に相手しようとすると一瞬で斬り伏せられる
   ため近接戦闘でのテクニック(後述)をフルに活用してガチる必要がある。
   厄介なのが、単体でもかなり強いのにたまに集団でそのへんを行進していること
   があるという点。これに見つかると八つ裂き必至なので多分回避するのが正攻法
   なのかと思う。Witch的な存在かも

 ・タンクネズミ
   ムキムキのネズミ。ひたすら追いかけてきて殴ってくるバーサーカータイプで
   まんまL4DのTank。ゲームデザイン的にひたすら逃げながら撃ち殺すというのは
   難しいので逃げるだけでなく連携して立ち向かっていくことを求められる。


■L4Dと違うところ
 こんな項を設けたのは、同じ所を挙げるより違う所を挙げたほうがスッキリするからだ

 ・5つのクラス(キャラクター)がいる
   Witch Hunter:両手剣とか二丁拳銃を使う。バランスタイプって感じ
   Bright Wizard:典型的な魔術師枠で、ゲージ管理しつつ遠距離範囲で戦う
   Dwarf Ranger:斧とかボウガンとかで戦う近接クラス。防御力高いのかも?
   Way Watcher:短剣とか弓とか。まだ使ってないけどまぁアサシンタイプですな
   Empire Soldier:槌とか銃。大振りだけど範囲も威力もあるっていうパワータイプ
  ※所持武器はカスタマイズできるので必ずしも上記の限りではない。盾とかもある

 ・トレハン要素がある
  クリア時の成績によってガチャ回してイイ装備が貰える。白、緑、青までのレアリティ
  は確認できたがまぁ多分LegendaryやUnique的なものもゆくゆくは手に入るだろう。
  Prefix、Suffixもランダム付与されるのでここを軸に周回制を確立している。

 ・武器強化、分解などがある
  要らない武器を5つ放ると上位レアリティの装備がランダムで手に入ったり、触媒を
  消費して武器の能力を開放していく(初期状態では封印されている)などのシステムが
  存在する。他にもなんかあったけどよくみてない

 ・近接戦闘重視のバランス
  遠距離武器は基本的に射撃間隔が長く、弾も同様のゲームに比べて少ないので必然的
  にメインの戦闘は近接武器で行うことになるが、敵も槍や短剣等様々な武装をしている
  ためL4Dのような無双感そのままに敵をなぎ倒していこうとするとすぐ死ぬため難易度
  は高めかと思う。そのかわり右クリックでの防御や押し退けに加え緊急回避行動も
  備わっているのでここが一番のこのゲームらしさかなと。

 あとはほぼL4Dっすね(しつこい


ちなみに現状のβバージョンではマップは3つしかないけど正式になると10ぐらい増える
とのこと。ゲームボリューム如何はまだ計り知れないけど界隈での評価は上々、久々に
面白く遊べるCoopゲーが出たと密かな盛り上がりを見せ始めている。
野良でも遊んでいける屈強な魂または一緒に遊んでくれるフレンズをお持ちの方におすすめ
twitterへRTする 2015-10-21 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【雑記】恐竜の島

週末は旬は過ぎたかもしれないジュラシックワールドMX4Dシアターで見てきた。

恐竜が歩けば座席が振動し、カメラワークに連動して座席が傾く。人が押し倒され
引きずられれば背中にモゾモゾする感覚があり、水中にザパーンするとリアルに顔面
霧吹きされる。またシーンごとに土くれや草原の香り?のようなものが立ち込める。
五感全てが稼働する、映画の枠を超えた体験であった。

でも所詮映画館、といっては失礼だけど個々のギミックは実にマイルド。体験者の
レビュー等を拝見すると「遊園地のアトラクションのようである!」みたいな感想が
目立つけど実際にそういうレベルの刺激的なものを期待するべきではない。
座席が動くとかいうてもシートベルトのようなものなど全く不要なレベルであるし
(実際ない)、振動や衝撃の感覚もマッサージチェアみたいな優しいモンだ。

まぁこう書くとなんか微妙そうなイメージだけど、3Dの映像で恐竜の足が目の前に
ドシーンして座席のケツのあたりがブルブル震えて同時に水溜りの水が跳ねるところ
で霧吹きプシューされて実際に顔が濡れる感覚を喰らい間髪入れずに恐竜の顔が
ヌーッて出てきて鼻息フンスフンスでエアーが噴射され耳にその感覚が伝わり、からの
ガオー!で再び座席ガタガターして画面内の人間が仰け反り座席も一緒に後ろに
ガターン!とかいう感じの複合技で演出されるので実際のシーンにおける臨場感は凄い。
一体感を感じる。ただ乗り物酔いしやすい人は見終わった後かなり体重減ってると思う







さてあとグラブル進捗、シエテ様こっちむいてシリーズ

151017_100936_188.jpg

シェロ畜への納品物が揃った。オリバーもシルフィードもラビットも無かったがなんとか
なるものだ…シルフィードをセットしてくれているフレンドには本当に頭が上がらない、
あれ本当に出やすくなるよなぁ。3凸なら出現率50%ぐらい増してる感じする




151017_101014_190.jpg

さてこのまま次mあびゃー

ここから本編か。とりあえずこの後週末使って今後必要になるものを調べて、AP消費が
1/2のうちにメインクエストで取れるものは出来るだけ確保しておいたのだが、現状進捗率
として何%ぐらいなのかは想像もつかん。とりあえずヘイローとか試練みたいな時限クエ
だけは逃さないようにしないとな
twitterへRTする 2015-10-19 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【星ドラ】数時間触っただけで書いた無責任な文章

ドラクエアプリの新作、星のドラゴンクエストがリリースされたのでやってみた。
人工衛星から眺めるレベルにまで縮尺の幅があるGoogle Earthのようなマップ移動
UIが印象的で、地球儀を回しながら行く先を探す感覚はなるほど「星の」とはよく
いったものだという感じ。ちなみに俺はドラクエは6までしか触ったことがなく、
ここ10年でしっかりやり込んだのはモンスターズシリーズだけなのでご了承。



2015-10-15 181800

新しい場所を見つけたらいつも通りスタミナを消費してステージに突入。移動は
すべてオートで、プレイヤーはマップ上の怪しい場所をタップすることでアイテム
獲得できたりする。戦闘も基本はオート、状況に応じてあらかじめセットしたスキル
をタップして使用していく形で、MPの概念はなく各々のスキルが決まったCT(ターン
経過ではなく時間)を持つ。ゲームが進行していくとメンバーのCTを管理しながら
敵の大技のタイミングで然るべき対応をしつつコンボを繋いでdpsを出していく
ゲームになるんだと思う。

その他のシステムについては昨今流行りのアプリから色々な要素をもってきて混ぜ
合わせ、そこにドラゴンクエストの看板を叩きつけたような印象。数時間遊んでも
目新しいものを感じることはできず何かしら特別なブラッシュアップ要素を感じる
こともなく、既視感のある枯れた要素の数々は俺の脳をこれ以上なく疲弊させたのだ
がフラットな目線で見ればよくできているとは思う。「いつもの」としか感じられ
ない俺がおかしいのだという見方が妥当である

てかこのゲーム異様に平仮名ばかりなのはなんなんだろう。「とうちゃく!」とか
「はっけん!」とかデカデカと表示されるたびに幼児用知育アプリでもやっている
ような感覚に陥ってしまう。昔のドラクエさながらのクラシック感の演出なのか…?
多分それこそ幼児がやっても楽しめるよう対象年齢を大幅に低くしてあるんだと
思うんだけど、ずっと目にしてると何かが退行していく感じがして意外とキツい
ものがあった。悪いと言ってるわけじゃないんだがなんと表現していいか分からない。
最近のドラクエはこんなもんよって言われればあぁそうなのかで終わる話だけど

結局当日夜には苦い顔をしながらアンインストールしてしまい残念ながら俺の星が
救われることはなかった。マルチで遊ぶぐらいはしたかったけど気力がもたなかった
twitterへRTする 2015-10-16 : Portable : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【グラブル】シエテ様が振り向くまで②

151004_115539_113.jpg

霊長類の頂点シエテを振り向かせるべく七星剣叩き始めて3週間経過。先は長いし目の前の
イベやカジノやマグナ狩りなどで中々素材狩りに勤しめていなかったけどそれでも日々の
ヘイロー周回などでなんとか第一段階の素材が揃ったのが週末の話。





151004_115719_114.jpg

まぁほっと一息となるわけもなく次は属性付与である。依代が必要なんですよグヘヘェとか
言われて3凸朽ち剣の要求。この間バハ剣作ったばっかなんだよお前捻り潰すぞ





151012_113732_159.jpg

しかしそこは流石にプレイ歴だけ無駄に嵩んできた俺様、既に倉庫に3本の朽ち剣が保存
されていたのに加え丁度いいタイミングで流れてきたプロバハから運良く4本目を入手。
ここで大量に素材が不足するも貴重な休日を素材集めで潰してなんとかしていく。汁とか
300個ぐらいあるしな、時間とクエストさえあればいくらでも溜まるんだよこんなもんオラァ





151012_113947_162.jpg

シエテ殿ー!見ておられるかー!てかいつ出てくるの彼。





151012_114150_164.jpg

ヽ(`Д´)ノウワーン






151012_114159_165.jpg

はぁーなにこれ1個もねぇんだけど。依代とか設備拡充とかいつ俺はスタートラインに立てるんだ。
シェロでサッカーでもするか
twitterへRTする 2015-10-13 : Portable : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【雑記】iPhone6s plusにしたから音ゲーやる

先日iPhone5sからiPhone6s plusに乗り換えた。店頭で実際に受け取った時はこの
アメリカンサイズを今後2年以上に渡り持ち歩くのかと些かの不安があったものだが
1週間程経った今ではなんとやら、もう俺はこの大きさから逃れることは絶対に
できないだろうし既にこれより小さい画面等ありえないとまで思ってる。

なんでってそりゃもう最高のゲーム機だからだな、特に横持ちの音ゲーデバイスと
しては最良じゃあないだろうか。横から包み込むように持った時に画面真ん中付近
をタップしようとした時の距離感と無理のなさが素晴らしい。デレステやO2JamU、
DJMAX RAYといった判定箇所が固定となっているゲームでの操作感は特に良く
Cytusも例外はあるが殆どの譜面で快適なプレイが可能だった。
(発狂配置になると諸論あるためベストデバイスを断じるのは難しいが十分楽しめる)

対してDeemoのようにフリーレーンを有効に活用しており端から端まで指をスライド
させることがあるゲームでは端末を持ちながらプレイする場合は不向きな面も感じられた。
例えば右親指で左端のノートを掴む様な真似をするには画面の大きさが災いして手全体
を乗り出さなければならないのである、これは5sでは感じなかったことだな。
TECHNIKAみたいな変則的な指の移動を求められるゲームでも同様だけど、まぁあの
レベルになると流石にiPadレベルの大画面が欲しくなるかな…
管轄外だけどCROSS×BEATSはどうだろう、結構いけるような気がしなくもない

ちなみに直置き、台置きでのプレイも十分可能。流石にラバーや特定皮素材を用いた
滑りにくいケース/カバーの併用が前提になると思うけど、DeemoでParousia(HARD)
レベルの譜面をやっても特に遜色はなし。今回増加した重量が直置きプレイの安定感
の向上にも一役買っていそうだなと感じた。

なんかほとんどスマホ音ゲーに限った話になってしまったな、まぁいいか。
他の一般的なソシャゲとかについては正直なところ操作感が向上するとかいう感じは
ほとんどないね、メニュー関連とか縦(横)一列に並んでいるものがほとんどだろうし
それひとつとっても画面の端から端を一つの指でカバーしにくい6s plusは不利だし、
かといって両手操作でと割りきってもそれはそれで持て余す感じがあるわけで。
もちろん画面が大きいからエフェクトやカワイコチャン達を細部まで鑑賞できると
いう大きなアドバンテージはあるけどね。あとなにより動作が軽い。グラブルとかも
PCと同等レベルで遊べるのほんとパワーこそスペックって感じ
twitterへRTする 2015-10-09 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【ToS】Cβ(10/1~10/5)を終えて感じたことなど

※当記事は15/10/01~15/10/05実施のクローズドベータ段階のものである



151004_223919_154.jpg

Tree of Saviorの5日間に渡るCβが終了、最終的にLv130のクロノマンサーとなった。
とりあえずバグとかシステムの使い辛さとかそういうのはここでは置いとく。
置いとかないとそれだけで本が一冊書けそうだからな





151002_145510_042.jpg

●結局お使いゲーなのか、の話
旧RO廃人が安寧の地を求めて漂着するであろうToSの世界で彼らが望むものはそこに
あるのか。期待を胸にログインしたところに見えるのはメインクエストのスタートライン
でありそこから始まるのは「いつもの」お使いゲー。そのへんの敵を10匹倒してくれ!
あっちの兵士に伝令を頼む!あっちでモンスターが暴れている!と、新鮮な世界観を
自分の足で味わい尽くすことままならずクエストに振り回されながら半強制的に移動を
させられ、それに伴い勝手にマップが埋まっていくのである。装備もクエスト報酬で
更新され、序盤は何ら不自由のない一本道を進んでいくことになる。

「違うそうじゃない」「ToSも結局これか」と思わないでもなかった。このまま終着点
まで線路が続いているならばグラフィックとBGMで釣っただけと突き放すプレイヤーは
多数いるかなと。実際数時間で投げた人も見られた。

しかししばらく進めていたある時、次のメインクエストが出てこないという瞬間が訪れた。
ここまでしか実装されてないのかな?と思い同時に惑う。お使いゲーだよなぁと頭の片隅
で思いつつもお使いゲーに慣らされ続けてきた俺はひとたび指標が失われるのを前にして
戸惑うことしかできなかったのである。ここで俺は、これまでクエスト欄を見つつ行き先
を軽く確認するだけだった全体マップを初めて隅々まで眺めてみた。未踏の地は意外と
多く、それらは「少し背伸びしてここにいくか?」「いやあっちの格下のマップで乱獲
したほうがいいか?」という迷いを与えてくれた。メインクエストという誘導灯が消えて
視界が開けたという感じがあった。やっぱこれだよな、迷いと選択あってこそROの精神的
続編だよなと。いつも通りクエストにかまけたレベリングを急ぎすぎていたことを悔いる
と共にこの時一気にテンションが上がったのを覚えている、クエストなんてくそくらえと。
(ちなみにメインクエストはしばらくレベルを上げたらまた続きが出てくるのだが段々と
間が空くようになってくる感じがあった)

なもので惜しむらくは最序盤といいたいところだが世界観の演出や昨今のMMO/MOの
プレイ層にスムーズな取っ掛かりを与えるというところを考慮すると連続クエストで
プレイヤーを誘導していく流れは必要とも思えるし、難しいところだな。
なおここまで書いておいてひっくり返すようでアレだけどCβは取得Expが3倍だった
ので、Oβ~本サービスにおいては進行感覚自体が全然違ってくるとは思う




151002_204620_049.jpg

●モブの話
短日程ながらソロで、3人で、6人で様々なマップで狩りをしてきた経験から推測を
交えて記述する。基本的にROっぽいと思って良いが細かい部分で異なる。

・パック湧きではない
 1体釣ったら周りの2体もリンクするとかそういう湧き方はせず、湧いたモブは基本的
 に個別でそのへんをウロウロしている。あまりに離れすぎると持ち場に戻っていく。

・なんかいきなりすげぇ湧く
 普通MMOの狩りって、移動して既にそこにいるモブを全部倒してまた移動して、を
 繰り返すものであり一度倒したモブは一定時間経たないと復活しないもんだが、ToSで
 パーティ狩りしてるとそれとは別に足元や周囲から復数のモブがワサーッと湧くことが
 ままある。何にトリガーしているのかはわかんないけど数はパーティの人数に依存して
 いるような感じがあって爽快感をいい感じに上乗せしてくれている。

・湧きが偏るマップがまれによくある
 単一のマップの中でしっかり区画が切られているマップの場合、ある区画で倒した
 モブは必ず同じ区画内で復活するため基本的に同マップ内のどこで狩っていても
 偏りなくモブが安定供給されるんだけど、たまに区画設定が一切ないのでは思える
 マップがあったりする。するとどうなるかって湧きが偏りまくるので場所によっては
 モンハウ(死語)の様相を呈するわけで。これに突っ込んで叫声をあげつつ範囲魔法を
 ぶっ放す爽快感は最早解説の余地はない

・やっぱりまとめにくい
 ヘイトをとって連れ歩いてもなんか足並み揃わないし基本的にどのモブも移動がかなり
 遅いし元いた場所から離しすぎると戻っていっちゃうし、現実的にはまとめ狩りは
 画面内で完結する感じで無理に集めようとしても効率は悪い。ていうかそもそも集めよう
 という気が起こらないぐらいには敵の供給は十分。まぁこれは前にも書いたことだけどな

・タンクビルドの存在価値は
 遅い敵ばっか(少なくともLv130まではそう)で遠距離攻撃してくる敵も少ないので布職
 がモブの群れに突っ込んでも大概どうにかなってしまうことから先んじてタンクが
 突っ込んでヘイトを集めるとかという行為の必要性はそこまで感じなかった。
 移動速度が速い強敵などが登場してくれば一変しそうだけど、ソロは辛そうだし
 色々と茨の道な気がする。PvPとかやるとくっそ強そうとは思う





151002_201755_046.jpg

●プレイヤーの話
ToSでは他ではなかなか例がない多数のクラスを経由していく中で自身のビルドを構築
していくのがキモの一つであるけど正味な所クラスが多数あるというよりはよくあるクラス
のスキルを系統ごとに分割して独立させたという印象で、クラス毎のスキルの絶対数自体
は他と比べると少ない。しかしそれゆえに1回の育成において単純な特化に留まらない
多様な側面を持たせることができるのもあってその点はあまり気にはならなかった。

ステータスの振り方については結局特化脳のままでなんとかなっていたので工夫の余地を
見出そうとすらしておらずちょっとなんとも言えない。Cβ限定でリセットはし放題だった
からもう少し時間があれば色々試してみたかったけど





以下、その他画像とか






151001_235449_034.jpg

Cβ1日目終了時の。最終日は公認枝テロがあったようで見れた人は羨ましい





151003_234915_075.jpg
線でつないで

151003_234917_085.jpg
キュッとして

151003_234923_100.jpg
ドカン、のリンカー。思った以上に楽しいクラス。





151004_133359_115.jpg

エレマス3連星、野良で長時間世話になった同業者達。大量のモブをぶっ固めて火を放つ外道





151004_212902_144.jpg

5人パーティで乱獲レベリング。ROの臨公っぽい感じを楽しめた





151004_010327_109.jpg

超軽量化された例のアレ





まぁ今日はこんなところで。細かいところはまたおいおい
twitterへRTする 2015-10-05 : ToS : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【FEZ】オベリスクのない世界

ToSのレポはまだでぇす



150928_215937_015.jpg

さて運営移管前にガメポ時代のFEZ@I鯖を少しやっておこうかなということで2年ぶり
ぐらい(ガッツリやってた時期からすれば5~6年ぶりぐらい?)にINして戦争に参加。
今や人口減少甚だしく再起への道は運営如何時のアプデ次第か…などと勝手に思って
いたんだが驚いたことに戦争の数自体は常に5以上はある感じで、人数割れ戦場の
数は相当に多いもののそれなりの人数が現役でプレイしているようだった。
俺と同様に移管の告知を受けてちょっくら覗きに来たって人も結構いそうだけどな

とりあえず戦争開始から10分程経過している人数割れ戦場に入ったのだがまず俺が
目にしたのは味方建造物の一切ない、あまりに一方的な戦場であった。…といっても
味方は前線で普通にカチ合えているように見え、絶望的な戦力差により全てが破壊し
尽くされたわけではなさそうなのである。恐らくは「最初から何も建築していない」

どうみても極端であり、建築の仕方も忘れたチンパンジーだけが残っているとは流石に
考えづらかった。敵軍側はしっかりとオベを伸ばしているので中盤ながら大変なゲージ
差がついており既に勝ちはないであろう悲惨な状況、当然ながら自軍にドラが出始める。

ここで俺は考えた、もしかしてこれは意図的にドラを量産してから巻き返す戦略では
ないだろうかと。確かに昔それを実用せんとしていたことはあったような気が…。
元々歩兵では拮抗していた戦場なのでドラが出たことで敵をキープ前まで追い詰める
までに至ったのを見て、おれはここで逆転を信じオベを一本、二本と立てた


その時


 「ゼロオベじゃねーのかよ」
 「貢献度稼ぎでしょ」



との味方の声。流石にこのゲームにおいて明らかに折られるリスクのない場所にオベを
建築を行うを貢献度稼ぎ呼ばわりされることに対しては憤りをおぼえんでもなかったが
今ただ一つ明らかなのは、出戻りの無知な老兵が何かしら"やっちまった"ということだ。
これら発言の意味せんところを冷静に考える必要がある。

注目すべきは「ゼロオベ」という単語。これがこの戦場で聞いた初の軍チャであることと
その語調からして現役プレイヤーは知ってて当然、徹底されて然るべきものなのだろう。
恐らく「ゼロオベ」は作戦なのだ、その概略は文字通りオベを一つも建てないという
ことなのだろうが、それと勝利をどうしても結びつけられない。オベを建てないという
ことは拠点ダメージの大半を占める領域ダメージを放棄することと同義でありそもそも
ドラを出した後もオべ建てない理由が分からなかった。結局そのまま負けた。

煮え切らないので宇宙を統べるグーグル先生に聞いてみたところこういうことらしい

 ・今年に入って仕様変更により戦争時間が短縮された。
 ・それにより人数割れ戦場では度々「時間切れ」が起きるようになった。
 ・元々、「時間切れ」は無条件に防衛側が勝利する仕様である。
 ・防衛側が時間切れによる勝利を狙う前提にたった場合、破壊された時にゲージが
  大きく削られるオベリスクを建てるメリットは皆無である。
 ・加えて大きくゲージ差がつくことからドラの量産がされるため、歩兵で押すことで
  敵オベを減らし領域ダメージを抑えやすい。


なるほど確かに合理的だ。ていうか時間切れの仕様なんて完全に忘れてたよね、
以前は人数割れたままの戦場自体が珍しかったし、普通にオべ展開してれば
時間切れなんて起こり得なかったと思うし。悲しいかな、プレイ人口が減ったからこそ
誕生しえた特殊戦法だったのである。まぁやり得必勝のレベルではないらしいのだが…
あと気になったのは戦場ごとに一々全チャ煽りが結構目につくこと。あと、召喚が
全くといっていいほど出ないことが多かったことか。これらも作戦なのだろうか?
エコな戦争になったものである
twitterへRTする 2015-10-02 : FantasyEarth : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム


プロフィール

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ