自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【2011】おわり

新年もSunriseBlueは通常営業です
みなさまよいおとしを(チップスター食べながら)

バリバリバリバリ

バリバリバリバリ
twitterへRTする 2011-12-31 : 普通の日記 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

【PSO2】新しいムービーきてた



オープニングムービーも出てきて、PSO2もその全貌が見えてきた感じですな。
スクリーンショットや各種動画を見る限りではPSUまでの主たる要素はほぼ全て
引き継がれて正当進化しているといった様相だね。
最初のムービーを見た時は全くの別ゲーの様に思ったけど、旧作プレイ者には
馴染みやすそうな作りになっていそう。これは神ゲーですわよ・・・

というわけで来年はオチを用意しないSEGAというものに期待したい所だが、
おれたちのかわいいSEGAがどう斜め上にブーストしていくのかも楽しみ。
Oβで遊べるのは夏あたりだろうかね。

なお、第二次αテスターを募集中の様だが、ライバルが増えるので
まだ募集していない人は募集しないように。
twitterへRTする 2011-12-29 : PhantasyStar : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【マビノギ英雄伝】ウルクル大先生の引導

2011_12_25_0005.jpg

Lv52を前にしてクエストもなくなり、泣きながら周回するハメに。
ゴリアスをソロすると美味いよって話を聞いたので久々に
作業らしい作業と相成った、ひたすら蛙と蜘蛛とゲコゲコギチギチ。
まぁPSUでプロハムスターやってた俺にしてみれば刹那の出来事である








2011_12_25_0011.jpg

して無事にLv52を達成、長らくお世話になったローズドロップセットも
オワコンとなったので新しい防具を新調した。
しばらくはこのゴキブリ装備を纏い、スプリントキャンセルでカサカサと
マップを這う生活が続くのだろう。









2011_12_25_0015.jpg

で、新装備の緒戦でウルクルに初出撃したのだがえらいことになった。
なんだこの化物は。もうゴミカスのように転がりまくり、申し訳ありません、
私はゴキブリですウジムシですと心の中で弁解しながらゴロゴロしていた。

後半でコツを掴み始めたもののスキが少なくほんときつかった。
ガンつけられた後の突進は突進開始後を含む全フレームにおいて
ターゲットを超追尾しており、被弾すると2段目、3段目とほぼ確定で
追撃を貰い全身を強く打ちまもなく死ぬので、遠すぎない程度に
距離を保ち、突進が来たら敵の真横に着地するよう斜め前にブリンク
これでノーダメージで抜けられるようだ。角攻撃があたらない程度の
位置関係を保ちつつ、スキがあればヘルクエイクを入れ、ここぞという時のみ
インジビブルルームまで繋げるのがまず考えられる安全策かな、と。

まぁまだよく分かってないボスなので慣れるまで適度に通わないとですな。
部位破壊はウルクルを正面に見て左側の角に槍あてるってことしか知らん。
破壊できない時は単純に全体的に命中率が悪かったってことなのだろうか。
twitterへRTする 2011-12-25 : マビノギ英雄伝 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【マビノギ英雄伝】もっともっとスマッシュを当てるために



ほんじつは鎌イヴィのスマッシュの当て方について。

鎌イヴィのDPSはスマッシュを当てる回数に大きく依存するわけだけど、
ご存知の通りスマッシュ攻撃は通常コンボからの派生でしか使えない。
そのダメージ比率からして、通常コンボ自体はスマッシュ攻撃を放つための
「タメ」動作のようなものと考えて差し支えないと思っているのだが、
そう考えるとイヴィの主砲インビジブルルーム(LLLLR)は3秒以上の
タメを必要とする大技と単純化することができよう。若干乱暴だけどな。

タメ攻撃というものはアクションゲーム黎明期から存在しているものであり、
古来より猛者達はこのハイリスクハイリターンを具象化した攻撃方法に
胸を躍らせたものだ。その浪漫は現在も昔も変わることがない。
ゆえに「タメ攻撃をいかに当てるか」、この題目は議論が尽くされてきた
ものであり、ゲームを問わず様々なところにそのヒントはあるのだ。

ロックマンのロックバスター然り、
スマッシュブラザーズのファルコンパンチ然り、
モンスターハンターの大剣溜め3然り。

その全てに共通する理は単純明快である。
「回避が不可能な状況を作る」か、「相手の移動先を読む」か。
前者はスタンであったり、ダウンであったり。言わば猿でも当てられる状況。
神イヴィと凡イヴィの差は後者の錬度の差にある。

つまりは、アクティブフレーム移行までに3秒かかる攻撃であれば
3秒後に相手がいるであろう場所を先読みすれば当てられるということ。

相手は人間ではなくAIである。対象を決定するルーチンにランダム要素
はあれど、その後繰り出す攻撃は全て決められた動きと判定を持つため、
ロックオンした瞬間に次の瞬間相手がどこにいるかというのは決定事項。
ゆえに、敵の実体を追うのではなく、動きを追うことが大事である。
当然、それが出来るまでには何戦も同じ相手と戦う必要があるだろうが。
相手の動きを完全に掌握し先読みスマッシュをガスガス当てていける
鎌イヴィが戦う様はまさに手塚ゾーンと言えよう。



ついでに要となるスマッシュの当て方について。
インビジブルルームは見た目に反して横方向にも当たり判定を持つため、
敵に向けて正面から打つ必要はない。発動時に大きく一歩前進する
特性を利用し、敵の側面をかすめるようにしながら放ち、
そのままステップで敵の斜め後ろに抜けるように使うと色々捗るだろう。

あと、鎌イヴィにはヘルクエイク(LLR)という、インビジブルルームと対照的に
威力は凡だが出が速く隙も少ない優秀なスマッシュがある。
こちらはインビジブルとは逆で横方向への判定はほとんどないため、
敵を真正面に据えて撃たないと当たらんだろう。しかしながら正面の
射程は意外とあるので、敵によっては攻撃範囲外から一方的に当てていける
強みがある。当たる距離を体で覚えるべし。

これら2つは格ゲーにおける大攻撃と小攻撃のようなものかなって。
是非ともマスターしたいものですな!



なんか当たり前のことだけどね、アクション下手なワシにとっては
このへんを意識して抑えていかないとそろそろボスがきついのじゃよ。うむ。
twitterへRTする 2011-12-21 : マビノギ英雄伝 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

【マクドナルド】チキンタツタ和風おろし、天に立つ。

チキンタツタ和風おろしという珍妙なメニューが
マクドナルドに登場したので早速食い荒らしてきた。

(以下、自らの略称会における所属派閥を明かさないまま
 マクドナルドはマクドナルドとそのまま記述することを御赦し願いたい。
 内部の対抗勢力の逆鱗に触れることはこの場では望むべくもないし、
 以下の内容もマック/マクドの派閥間抗争とは一切関係がない。)


俺にとってチキンタツタとは全てのファーストフードの中で
頂点に立つ存在であり、レギュラーメニューでなくなった今では
冒し難い崇高の存在、伝説。昔はマクドナルドに行くということは
チキンタツタを食うことと同義であった。






写真 11-12-17 12 28 46

さてチキンの上にこれでもかと塗りたくられた和風おろしたれ、
いかなるものやと心配しながら一口目を味わう。
ボリュームのあるバンズとチキンが奏でる完成された味わいの中、
毛細血管が血で満たされるかの如く、濃厚な和の香りと風味
瞬時に世界を書き換えていく。これはもはや協和ではない。
戦争、侵略だ。和の暴力が既存のものどもを力ずくで支配していく。

しかしながら味の基底はあのタツタ。幾年の歳月を経ても変わることのない
あの味。侵略されてなお土壌も、根底の秩序も枯れることなく確固として
在り続けた土地の上で怪物が躍る。しかしながらそれもまた一つのシンパシー。
カオスにしてなおスタブル。

チキンタツタ和風おろし、少々値が張るが一度は食してみてはいかがか。
twitterへRTする 2011-12-19 : 普通の日記 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

【マビノギ英雄伝】今後の強敵に挑んでいく際の心構えなど

─ 腐れ脳筋は焚き火に腰を下ろすと、聞いてもいないのに語り始めた。






(以下、いつものことだが鎌イヴィ視点である)






味方、敵問わず全ての攻撃は3つのフレームに分けて考える事ができる。

  1.ウォームアップフレーム:
    ヒットボックスの発生、効果の発動を伴わない準備動作。
    斧での攻撃を例にすると、ふりかぶって力を溜めている間。

  2.アクティブフレーム:
    実際に攻撃判定が発生しているフレーム。攻撃の種別ごとに
    ヒットボックスが生成され、それに触れると対象者へのダメージや
    効果の適用が確定する。
    斧が振り下ろされてから地面に到達するまでの間ってところ。

  3.リカバリーフレーム:
    攻撃判定が終了し、元の「待ち」の動作に戻るまでの間。
    所謂、攻撃後のスキというやつだ。
    地面に刺さった斧をよっこらしょと引き抜いて構えるまでの間。






【攻撃のロックオンタイミングを理解する】
EP3ぐらいまでは、ほぼ全てのボスの攻撃はウォームアップフレーム
入った段階で攻撃する場所を確定(ロックオン)している。
こういった攻撃は非常に避けやすい。
敵が斧を振りかぶったその瞬間にはもう振り下ろす場所は決まっている
ということだから、あらかじめ横に移動するなりしておけばいいわけだし。

しかしながら、Lv36の「暴君の挑戦」あたりからただボスに対して
垂直方向に歩き回避するだけでは全ての攻撃は避けられなくなってくる。
これはウォームアップフレームの間もボスが対象を狙い続けており、
ロックオンからアクティブフレームに移行するまでの時間が
極端に短い攻撃が増えてくることに起因する。

実感しやすいのは「伝説の眠る場所」のボスであるフリッカー。
少人数でハードマハ挑んでオイオイまた骨が装飾変えて出てきたぞwとか
抜かしてると電撃でビクンビクンしながらのたうちまわってるところに
ケツにランスを刺されて惨たらしく死ぬ。
ヤツは「溜める→雷の球を投げる→対象に向かってランスで突撃」
という二連続攻撃のパターンを繰り返しているのだが、対象ロックが
アクティブフレーム移行の直前であり、ウォームアップフレーム中は
いくら動いても延々と捕捉され続けるため攻撃の瞬間を見極めた上で
回避行動を敢行する必要がある。
しかも続く二撃目のランス突撃は超速/長射程のチャージ攻撃であり、
一撃目の雷球を避けるタイミングが悪いと着地点で掘られる。

EP4、5以降はアクティブフレーム以降の瞬間を見極め、それに対する
最良の回避行動を取ることが求められてくる・・・ようなので、ボスの
動きを良く観察し、どの攻撃をどう避けるのがベストかということを
己の中で整理し経験を積んでいくことが今後のミッションでは急務だ。



【リカバリーフレームのキャンセル】
リカバリーフレームのほとんどがステップやブリンクでキャンセルできる
ということは覚えておきたい。各種スマッシュの後のリカバリーフレーム
無視できない程にダルいものなので、各種攻撃の後は最速でいずれかの
方向に一回ステップを挟むと効率よく次の攻撃へ繋げられると思割れ



【回避方向について】
ウォームアップフレームにおける対象追跡速度が極端に速い攻撃
でなければ、敵を中心としたタイトな円を描くように回避することで
逃れられるケースが多い。大回りで回避しようとすればするほどに
捕捉、被弾の危険性が高まると言える。
中途半端に離れるよりは張り付いたほうが遥かに安全なケースも
あるってことだな。とはいえ範囲攻撃には巻き込まれぬよう、
離れるべき時はしっかりと距離をとるべきだな。半端が一番駄目。

ブリンクでの緊急回避も同様。敵に対して垂直方向にブリンク逃げ
するよりは45度方向、敵の側面に回りこむような形で使用したほうが
多くの場合で安全かつ反撃にも繋ぎやすい。
勿論ケースバイケースだが、このレベルまでは一般論として語れるかなと。







─ そういうと腐れ脳筋は立ち上がり「ブラッドロードを仕留めてくる」
と言い残し港の喧騒に消えていった。その後彼の姿を見た者はいない

twitterへRTする 2011-12-16 : マビノギ英雄伝 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

【マビノギ英雄伝】スパイダーネストシルクハットはクソ

Lv40になったので装備を新調した。
防具の露出度が高いほどデフォのインナーである残念系の白シャツが
あらゆるスキマから顔を出し、我こそはインナーなりやと主張してくるのだが。
今回作ったローズドロップ装備は上半身の露出度が極端に高いため、
デフォインナーのままだと全身是シャツの様相を呈す格好となり
一言で表せば「表を出歩けない」見た目と化す。

恐らくは、もう十分無料で遊んだのだからそろそろ金を吐けやという、
開発運営揃っての無言のメッセージなのだろう。
迷う俺の手元にはいつぞやのイベントで配られたインナー15日無料券
素晴らしい、これが商売の駆け引きというやつか。迷わず利用させて頂こう。
ネクソンのくせになんでこんなもん配ってるんだ?







2011_12_11_0003.jpg

鎌使いなので厨っぽい方向性を失わないようインナー含めて黒で統一。
しかしやはり・・・頭装備に違和感を覚える。






2011_12_11_0002.jpg

まぁこれはホントどうしてこうなったと言わんばかりだが。
レシピを物色していたところシルクハットっぽいものが作れるようになっていた為
これはきっと合うであろうと材料を買い出して作った結果がこれである。







2011_12_12_0000.jpg

説明文をしっかり読むべきだったな、まさか実物が付属してくるとは。
後の祭りというやつだ。







2011_12_12_0001.jpg

また、スキル面でも大きな変革が訪れた。ブラッディスレッドの修得だ。
インビジブルルームから繋げられる待望のフィニッシュスキルであり、
種族を問わず周囲の複数の敵を一括でターゲットした上で
右クリックでグシャッと殺る。威力も使い勝手も申し分ない。
デスレーベルが過去のものになってしまったな






後は明後日までに現状のカンストであるLv44になれればよいのだが
フリーの時間を全て注いでギリギリといったところか。難しい。
twitterへRTする 2011-12-12 : 普通の日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【マビノギ英雄伝】走るより速く走る方法【イヴィ向け】

お前は何を言っているんだシリーズ2011年第一弾
SHIFTダッシュより速く走る方法について。

方法は至って簡単






移動しながらSHIFTキーを連打する。






どういうことだってばよって人向けに解説すると。



2011_12_09_0000.jpg

ダッシュやめる時ってスライディングするじゃん、ズサーって。
あの瞬間ってダッシュしてる時よりも速いんだよね。
だから ダッシュ→やめる→ダッシュ→やめる を繰り返して
スライディング状態を維持したまま移動すると、微妙に
通常ダッシュより速く移動出来るというスンポーなわけだぜ。

ちなみにSHIFTキーの連打間隔は速すぎない程度が良い。
ポンポンポンポンって感じで(謎






おぉーって思った人には申し訳ないんだけどここが話の折り返し。
この方法で移動するとスタミナがとんでもない勢いで減る。当たり前だが。
従ってこれだけだと常用には堪えないだろう

しかし

前の記事の内容を見た人はピンと来るかもしれない



【マビノギ英雄伝】スタミナゼロの状態で高速離脱する方法【イヴィ】



これは本記事で紹介した小技と非常に相性が良いのである。
そう、つまり・・・

  ①スライディング移動をしつつスタミナを減らしていく
  ②スタミナがなくなったらスタミナゼロでの高速ステップを行う。
  ③高速ステップ終了時にはスタミナが回復しているので①に戻る


これによりイヴィに限るがかなりの速度で移動し続けることが可能だ。
好タイムを狙う時とか、メンバーから遅れをとってしまった時とかに
有用なんではなかろうか。Mob独占プレイはやめような!
twitterへRTする 2011-12-09 : マビノギ英雄伝 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

【マビノギ英雄伝】スタミナゼロの状態で高速離脱する方法【イヴィ】

2011_12_06_0000.jpg

スタミナがなくなるとこうなって疲れるじゃん?
ボス戦とかでスマッシュとかフィニッシュ技使って、
ボスの真横でスタミナなくなって動けねーウボァーしたこととかない?
あ、俺だけ?ごめんねwww

一応、この疲れモーション中にもステップ(スペースでの回避動作)って
出来るんだよね。一瞬発動してすぐ疲れモーションでキャンセルされちゃうけど。
と、この仕様がミソでして。

スタミナがゼロになって疲れモーションに入ったら、
逃げたい方向に向けてスペースをこれでもかと猛連打すると








2011_12_06_0002.jpg

ステップ発動→疲れモーションキャンセル→ステップ発動→疲れモーションキャンセル→
ステップ発動→疲れモーションキャンセル→ステップ発動→疲れモーションキャンセル→
ステップ発動→疲れモーションキャンセル→ステップ発動→疲れモーションキャンセル→

という具合になりスタミナゼロでも物凄いスピードで移動が可能となる。
否、スタミナ/Zeroならではの速度と言える。連打するだけ速い。
本来ステップモーションはキャンセル出来ないので、疲れモーションディレイが
終了した段階で超スピードタイムは終了するけど。
まぁその頃には敵からも距離をとれており、スタミナも回復してるって寸法だね

というわけでこれを知っていると敵の眼前でスタミナがゼロになることを
一切恐れなくて良い
わけだ。Wikiとかにも書いてなかった気がするのでまとめたんだが
知らなかったの俺だけとかだったら恥ずかしいね!まぁそれはそれ・・・
twitterへRTする 2011-12-06 : マビノギ英雄伝 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

【マビノギ英雄伝】鎌イヴィが"取るべきでない"スキルについて

はて前回は鎌イヴィが取るべきスキルについての意訳まとめをしたけど、
それと同列に語られるべき情報を書いていなかったので書いておく。
そう、「取るべきではない」スキルについてだ。
これについても記載があったので以下、Vindictus Wikiの情報より。







◆取得すべきでないスキルについて

これらの多くは鎌イヴィにとってクソの役にも立たない無益のスキル群である。

ウェイトマスタリ:
  鎌イヴィの最重要ステ、INTが上がる布装備の重量は共通して
  1ストーンなので不要。どうしても必要という時以外は避けるのが無難

軽鎧マスタリ:
  スウィートベアセットを始めとして成長段階でいくつかの軽鎧を
  着る機会は訪れるだろうが、これらの多くは非常に軽い為、このスキル
  に頼らずともよい。ウェイトマスタリ同様、どうしてもという時のみにしよう

重鎧マスタリ:
  マナシールドの存在から、防御というもの自体イヴィにとって価値が薄い。
  見た目の問題でどうしても着たい重鎧がある、という時に限り一考せよ

プレートマスタリ:
  上記スキルと同様の理由で不要。

ストーンスキン:
  そもそもこのスキルに頼るべき状況でイヴィが被弾してはいけない。産廃

生命力:
  このスキルで生存率を上げようとするのが間違い。取るべきではない

敏捷強化:
  これに限り全く取る価値がないとは言えない。が、優先度としては低い。
  敏捷は強化することでスタミナ回復速度が向上するのだが、イヴィで
  それを実感するには800近くの高AGIを必要とするからだ。
  良い側面を持つスキルには違いないが、他のスキルを差し置いて
  ポイントを割り振るべきではない。

力強化:
  鎌のイメージ的に上げてしまいがちだが本気で不要。マジ不要。

意思強化:
  MAX強化しても全くもって取るに足らない効果である。ゴミ。カス。

メディテーション:
  未だ議論の的となるスキルであるが、Aランクまで上げたとすると、
  それに費やしたAPを相殺するまでにかかる時間は1年。取るか
  どうかの決断は早めにすべきであるが、発展途上で有用なスキルに
  APを多く割くべき時期にこのスキルを上げるというのは如何なものか。








以上、今回もVindictus Wikiの提供でお送りしましたとさ。
何も知らないでいると人によっては力強化とかマスタリ系とか、
メディテーションあたりに多くポイントを費やしちゃうかなと思うわ。
実際、フレンドでも凄まじい勢いで力や防御が強化されていってる
鎌イヴィの人とかいるからなー(とめてやれ








2011_12_05_0000.jpg

さて俺の鎌イヴィはLv31に。やっとエピソード4に進めそうだ。
ずっとLv18のスパイダー装備だったので、ここらで装備を新調し
ブラッドシルクセットを揃えた。これでしばらくいけるかな。

あと、戦い方に関してのこれまでの雑感だけど。
基本、硬い敵やボスには通常4回からのスマッシュ攻撃である
インビジブルルームをいかに当てていくかっていうゲームだけど、
通常2回から発動するヘルクエイク(柄で地面ボーンってやつ)が
発動、リカバリー時間共に非常に優秀なのでインビジブルを
当てにいけない時にこれを織り交ぜながらDPSを稼ぐのがいいかなと。
今んとこレベル差あろうがボス与ダメで負けたことはほぼないので
何か新規に気づくことがあるまでは今の感じでいいのかな。
被弾はもう少し抑えないとこの先やってられない感じではあるがな!






あ、そうそう。前回記事のコメントでイヴィガイド応用編ページ
意訳希望があったので近日中に頑張ってみるよ!



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1
日本 ライセンスの下に提供されています。
twitterへRTする 2011-12-05 : マビノギ英雄伝 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【マビノギ英雄伝】鎌イヴィのスキル振りについて

折角だからと流行のイヴィをそれなりの速度で育てており
やっとLv24に。このレベルになりしばらくストーリーを進めていくと
イヴィのもう一つの武器、鎌が使えるようになる。
欧米のヒゲメン共に少女+鎌というのはウケるものなのかなと
どうでもいいことを考えつつ。折角APも温存してきたことだし
本格的に鎌を使っていってみようかなとか
これで俺もニューカマーってか。hahaha!







2011_12_03_0000.jpg

とりあえずカマえてみた(しつこい






でだ、スキル何とるんだっていう話だ。
イヴィは杖を使うにしろ鎌を使うにしろ魔力UP系をとっていけ
という話を小耳に挟んだのだが確証が取れないと安心できないので、
情報の蓄積がなされていない日本のWikiを窓から放り投げ、
マビノギ欧米伝ことVindictus OnlineのWikiを読むことにした。


Scythe Evie Guide:
  http://www.vindictuswiki.com/wiki/Scythe_Evie_Guide


鎌イヴィ特集ページを発見。おぉなんたるや、なんたる情報量。
さらっと流して見たけどこのページは翻訳して情報を共有する価値が
あるんじゃなかろうか?ひとまずはニューカマー達が先ず必要とする
情報、上げるべきスキルについての項目をいくつかまとめてみるか。
さぁクソNewbie共は僕と一緒にお勉強だ






===== 以下の情報は上記Wikiの要点をまとめたものである。 =====






◆必須スキル
Intelligence_Mastery_(Skill).png
知能強化:
  全てのイヴィが先ず優先してあげるべき重要な火力底上げスキル。
  他の何よりも優先してなるべく早くAまでポイントを注ぎ込むべきだ。
  ちなみにAから先はコスパ悪いので、他に回したほうが良い。
  (※ランクAまでは790APで上がるが、ランク6までとなると5350APかかる)

Magic_Mastery_(Skill).png
マジックマスタリ:
  知能強化同様、火力底上げスキルとして重要なスキル。
  知能強化をAランクまで上げたら次はこれを上げると良いだろう。
  Aランクまでは知能強化のほぼ倍の1430APかかるが、ダメージディーラー
  たる鎌イヴィの本分を考えれば迷うべくもないな。

Smash_Mastery_(Skill).png
スマッシュマスタリ:
  鎌イヴィのDPSはスマッシュダメージに拠る所が大きい。ていうかいかに
  スマッシュを当てていくかである。上記2つに次いで効力を発揮するので
  マジックマスタリをMAXまで上げたらこちらをMAXにしよう。1780APかかる。

Battle_Scythe-_Blink_(Skill).png
ブリンク:
  鎌イヴィ最重要スキルといっても過言ではないスーパー回避スキル。
  ランクを上げていけばスタミナ消費も少なくなっていき、これはつまり
  攻撃機会が増えることにもなる。スマッシュマスタリが上げられなくなったら
  ランクを上げていけばいいだろう。

Equipment_Knowledge_(Skill).png
マジッククリティカル:
  鎌イヴィは比較的だがクリティカルに頼った戦い方はしない。しかし
  スマッシュクリティカルのダメージは全キャラ中トップクラスの半端ない
  威力を叩き出すのでブリンクの習得が終わったあたりから伸ばすと
  良いだろう。出来る限りDPSを伸ばしていきたいということを考えれば
  このスキルも避けては通れない。



◆推奨スキル
Mark_of_Death_(Skill).png
デスレーベル:
  必要レベル32なので覚えるまでに時間がかかるが有用なフィニッシュスキル。
  とりあえずEまで上げ、後は必須スキルを先に上げきったほうが良い。

Battle_Scythe-_Bloody_Thread_(Skill).png
ブラッディスレッド:
  デスレーベルがゴミに見える程に強力なフィニッシュスキルである。
  周囲の敵を次々とターゲットすることができ、レンジ、威力共に
  デスレーベルを上回る。勿論ランクはMAXにするべきだろう。

Cloth_Armor_Proficiency_(Skill).png
仁王立ち:
  このスキルは優先度が低く見られがちだが、MAX近くまで上げきる
  ことでボスのスマッシュ攻撃などに対して転倒しない確率を大きく
  上げることができる上、転倒後に起き上がる速度も向上する。
  後半の戦いやソロでは非常に重要なスキルとなるだろう。
  
Revive_(Skill).png
リバイブ:
  羽がありゃいいし要らないと言う人は多いが、ランクを上げきると
  HPを60%まで回復した状態で復活が可能な上、このスキルによる
  復活のクールタイムも大きく減少するためパーティープレイでは
  非常に有用である(特に後半の強敵相手では)。
  フィニッシュスキルと仁王立ちを取得した後あたりでランクを上げに
  いくのが良いと思われる。

Cloth_Armor_Proficiency_(Skill).png
クロースマスタリ:
  布装備はINTを上げることができるため、多くのイヴィにとっては
  唯一の選択となる。正直イヴィはINTが全てなので他のマスタリを
  上げる必要はほとんどないだろう。

Battle_Scythe_Mastery_(Skill).png
バトルサイズマスタリ:
  必要となった際に上げればよかろう。






===== 以上、残りはまた今度 =====






んま、海外のWikiにはこう書いてありましたよ程度にとっといてくれ。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1
日本 ライセンスの下に提供されています。
twitterへRTする 2011-12-04 : マビノギ英雄伝 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【マビノギ英雄伝】契約少女大集結

最凶の名を欲しいままにしてきた2011年も後1ヶ月で終わり。
とはいえ個人的には大したことなかった。ゲームやってたら終わった。
来年は人類滅亡説で有名な2012年がやってくるので、このままだと
ゲームやってたら人類が滅亡していたなんてことになりかねん。
まぁそれはそれで興がある。



昨日、11/30にマビノギ英雄伝の正式サービスが始まった。
これからジャンジャン搾取していきますよという宣戦布告である。
同時に新キャラのイヴィが追加、これで選べるのは3キャラに。






2011_11_27_0004.jpg

リシタ(双剣/槍):
  連続攻撃で敵を刻むアサシン系、現状唯一の男キャラ



2011_12_01_0003.jpg

フィオナ(片手剣/槌/盾):
  防御系だが豪快な蹴りやハンマーまで使えるパワーキャラ



2011_12_01_0001.jpg

イヴィ(杖/鎌):
  モンハンにウィザードが実装されちゃいました的なアレ






Oβでやっていたリシタは、敵のモーション見て回避、硬直に
いかに連続攻撃を叩き込みDPSを上げていくかというアクション
ゲームの面白さがあったんだけど

イヴィはどうだ、序盤から強力な遠距離、範囲攻撃を扱えてしまう。
目標をセンターにいれてクリック、目標をセンターにいれてクリック、
という感覚でポチポチしてるだけで敵が爆炎に包まれ吹き飛んでいく。
半端なく強い。新キャラだけあって野良パーティーは4人全員イヴィ
という構成が普通であり、雑魚戦は勿論のこと、ボスですら
爆炎で敵の姿がよく見えないまま終わる有様。あまりに哀れ。
ボス討伐時には勝手にSSを撮ってくれるんだが、
真っ白で何も見えないものが多数含まれていたりする。






2011_11_30_0003.jpg

こんなんとか。







まぁリシタはDQN、フィオナはBBAということで魔法少女的立ち位置
のイヴィに人気が集中することは確定的に明らかだったのだが、
それにしても凄まじい多さ。こんなのぜったいおかしいっていうか、
イヴィ以外のキャラ見てない。イヴィだけでこのゲーム成立するのか?
フィオナとかやったほうがこの先生きのこれるような気がするんだが・・・
twitterへRTする 2011-12-01 : マビノギ英雄伝 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ