自称廃ゲーマーで理系サラリーマンですが。

【Terraria】探索日記 3日目

2011527_7164_R.jpg

8人集めてやってみた。初めての人も多いのでワールドは新規作成だ。
先ずは集合住宅を作るとしようか。沢山の木が必要なので森に出向き自然破壊。
SSのような群生地を見つけた時はまさに胸圧









2011527_7161_R.jpg

工事開始。落ちると勿論死ぬ。殉職すると血肉と共に有り金を幾分か周囲に
ばら撒いてしまうので、もちろん速やかに同僚に奪われる。慎重な作業が求められる









2011527_7163_R.jpg

流石に複数人いると速い。
しかし、工事現場の「監督」ってすごい重要なんだなって思える。
脳内設計通りに建物が出来上がることなどまずない










2011527_7165_R.jpg

まさに夜を徹した作業だ










2011528_7171_R.jpg

飽き足らず更に。おかしなことになってきたぞ。こういうゲームなのかは知らない。
「おい○○ェ!木材持ってこい!」などと怒号が飛び交う。遊びではない。










2011528_7172_R.jpg

気づくと想定外のものが目に飛び込んできた。最新のとび職の技術は凄まじい










2011528_7176_R.jpg

地下奥深くからマグマのバケツリレー?どうやったのかは分からないが
どこぞの怪しいネオンののようになっていた。設計担当者であれば寝込むレベルだ









2011528_7177_R.jpg

随分と縦に長くなったが一応の完成を見る。リアルで祝杯でもあげたい。










2011528_7179_R.jpg

当然ながらこのゲームは主に地下世界の探索がメインで、上記のような
シムなんちゃら的な行為をやるのがメインではない。発売直後故に多少の
自重が入っているのだ。もちろん低層は完全に制圧済み。ご覧の有様だ。
数千フィートレベルまでの人材輸送も考慮されたシステムも構築済みである










2011528_7185_R.jpg

共同生活3日目にして、「エンドオブザワールド」に到達したことも報告しておく。
分かる人だけ分かれば良い。










2011528_7189_R.jpg

なお、昨晩のことだが・・・マグマと水を接触させることである鉱石ができると聞き、
上流から数人がかりで大量と呼ぶにはあまりに表現が相応しくないレベルの
大量の水を引き込み、マグマの海にぶつけてそれを大量に採取する暴挙を開始。










2011529_7190_R.jpg

しかし水は上から下に流れど、逆はない。覆水盆にかえらず。
作業中に大事故が発生し、下層に大量の水が流れ込んでしまった。
中継基地も完全に水没している。事態の収束を図るため各所を奔走し、
流れ出る水をせき止めながらボイスチャットで「ただちに影響はない」と説明するも
最早手遅れであることは誰の目からも明らかであった。
水中でも息ができるアイテムがあるという話を聞いたのだが存在するのだろうか・・・
さぁ、どうしよう。
twitterへRTする 2011-05-29 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【Terraria】探索日記

Terrariaではじめてのマルチプレイ。
たまには普通のプレイ日記でも綴る。









2011525_7153.jpg

さて過程を省略しているが、相当地下深くまで数日かけて掘り進んだ。
いい加減モンスターも強力でキツくなってきたので、
先人に協力してもらうこととした。サバイバルの教えを授かりつつ掘る。
(レベルの概念はない。念の為。)

大きな空洞と金の鉱脈を発見したところから更に下へ進むと、
雰囲気が一変した。どうやら割とヤバいところまで来たようだ。










2011525_7142.jpg

敵も多く、一息つく場所もないのでここらで中継基地を建設することに。
現地調達の材料で素材を製作、ひとまず安全な形になったが…









2011525_7144.jpg

右側に巨大な水源が。暗くて気づかなかった。
一つ間違えればこれはえらいことになっていた・・・これは良くない。









2011525_7145.jpg

先人曰く、「この形であれば水路を形成し排水すれば良い」と。
なるほど。早速基地内で突貫工事。









2011525_7151.jpg

排水開始。いい感じだ










2011525_7152.jpg

これで安心だ、立派な中継基地の完成だ。クッパの苦労も少し分かった。
以後、水源のなくなった右側の空洞の探索もできるようになるだろう。
先人の知恵は素晴らしいと感じた。
twitterへRTする 2011-05-25 : 普通の日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【Terraria】ガッガッガッガッガッガッガッガッ

スチムーでオンセールなうの謎ゲー、Terrariaが気になった。
どんなゲームか先ずは色々と調べたのだが、先駆者達は口を揃えて
2D版Minecraftだ、MultiCoopRPGなMinecraftだと言う。
なるほど。いやなるほどじゃねぇ。Minecraftってなんやねんと。
いやちっとは分かるよ、この前ニコニコで検索してずっと見てたからな。
が、謎。実況主が楽しそうに採掘し続け、閲覧者が楽しそうに
ツッコミを入れたりしているのを、楽しそうだな思いながらと眺めていた。



◆参考:Minecraftの動画@ニコニコ



面白そうだねーと思いつつこの時は放置。
放置を決め込んだのだがなんとも気になる。持ってねぇのに、
時折こういう実況が見たくなってしまう。

・・・という中でのTerarriaの発売
まさに2D版Minecraftという出で立ち・・・Minecraft製作者が
Twitterで「Niiiice」(訳:うわ何これやっべwwwすごくねこのゲーム
ヤバイマジヤバイ凄すぎ吹いたっていうか何が言いたいかって簡潔に
まとめるとマジヤバイ)と呟いたことにより瞬く間に話題を掻っ攫い、
Steamの売り上げランキング1位にのし上がった。あら奥さんしかも
9.99㌦ですって。安いわね。最近はフルプライスの地雷が相当数
潜んでるから困る。

それでも日本語レビュー記事がいくつか上がってくるまで傍観しようと
決めてた、のだが、IRCでジョニーにお勧めされたもんだからもうこれは
Minecraft全然知らないけどTerraria買うよ勢でデビューするしかないと。
え、ジョニーって誰だよって?カリスマよカリスマ。
まぁグダグダ抜かす前に買ってやってみろってことで






2011522_7081.jpg

購入








2011523_7085.jpg

して起動。軽い。窓サイズ小せぇ。見てくれはそのへんのフリーゲームの様。








2011523_7086.jpg

チュートリアル的なものはなし、どんなゲームか知らずに適当に始めると
本当に何していいか分からない。突然ニートが社会に放り出された様な。
帰る家もなし。ヘルプNPCもただ出来ることをいくつか提示してくれるだけ。
何でも出来るが故にとりあえず何かしてみろ、何しても良いのだよ、と
いうことなのだろうが取っ掛かりが欲しい。ひとまずの目的が欲しい。
嗚呼神よいきなりゲーム内容についてggる愚行を御赦しください




・・・






神動画あった。なるほど・・・Minecraftネタもいくつかあったが
非常に分かり易い。発売直後でかつ、パッケ買いのようなことをする
には敷居の高いゲームであるからこういう動画は非常に貴重だ。
奥底に潜む楽しさとその可能性を的確に伝えてくれる。

そしてこれを見て、最初にひっかかっていた妙な感覚が何であるか
ということが思い出された。「砂場遊び」だ。
3~5歳あたりの頃を思い出して欲しい。無理か。いやほら、近くの
公園とか、幼稚園とかに砂場あったろ、砂場。あそこにさぁ、山とか
作って遊んだよな?スコップ、フォーク、スプーン、手、あらゆる物を
使って思い思いに砂を造形したり、上から水を流して川を作ったり、
飽きたら大きな穴を掘って(結構深く掘れるんだよな)、更にそこから
横穴を掘っていったりとか。たまにアリやミミズが湧いてきて驚く。
そう、あの楽しさだ。Terraria(Minecraft)にあるのはまさにあれ。
ワールドを構築するたびに構成される地形、空、広大な地下世界
は全て完全にランダム。その中では伐採した木材で好きな形の家を
建てるもよし、地面を掘り進めて金銀財宝の浪漫を見出すも良し。
その中で遭遇するのは広大な地下空間であったり、地底湖で
あったり、RPGのような摩訶不思議な展開、ボス戦まで。
世界を構成している全ての物質が採掘可能であることから、
さながらRPGツクールで遊んでいる感覚、とも言えるかもしれない。

なお、マルチ対応(個人がサーバーを立て、他の人はIPを指定して
繋ぐ方式)であるから、自ら開拓した世界に他人を招待することも、
未開の土地を共に開拓していくことも可能であるようだ。
PvPやったり汗水流して他人が作った建築物を粉々にしたりとかも
出来るんだろうか。そのへんはやってみてからのお楽しみとしよう。

ちなみにこの日は10分程やってみるか程度の気持ちだったのだが、







2011523_7082.jpg









2011523_7084.jpg

探索への足がかりとなる拠点を造り始めたら90分経った。
時空間が歪んだのではと思える程の時間の加速。容赦ねぇ。
ふぅ・・・なんぞこれ・・・おもしれぇな。
twitterへRTする 2011-05-23 : 普通の日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【FNO】ガチャガチャネバーランド

FNOの正式サービスが5/19に始まった。
レベルキャップ40→50になったのに伴い、2職業といくつかのゾーンが開放。
職業をいつでもどこでもポンポン変えられるという、このご時世にしては
なんとも景気のいいゲームなので、新規職業追加とキャップ開放が
同時に行われるのは見た目以上にボリュームがあるとは思う。

とはいえ、正式サービス開始という、後にも先にもこれ以上の規模はない
アップデートがなされても良いぐらいのタイミングなのに、他は染料ガチャ追加と
既存ガチャの中身入れ替えぐらいで、インパクトはほとんどない。
オープンβからガチャでの金策だけはご熱心だったので、仕方がないか。
期間限定ガチャを実装して、期間が終わるまでに次のガチャを考えるだけの
運営といっても過言ではないぐらいにガチャにとり憑かれているように見える。
過去の彼らに何があったのだろうか。余程味をしめてしまったのだろうか。
もしかして配属や給料もガチャで決まったりするのではないだろうか。



さてさて、こういったアップデートの後、優先的にすべきこととは。簡単だ。
1にレベリング、2にレベリング、3にレベリングだ。とっととカンストさせること。
何故って、レアを掘る為だ。FNOではランクの高いダンジョンに行けば
それまでの場所と比べて完全上位互換の武器、防具が掘れる。
低レベルのダンジョンはごく一部のボスレアを除いて通う必要はほぼ皆無で、
一番必要レベルの高いダンジョン以外は全て過去に成り下がる。
フィールドに至っては存在価値すらなくなる、というか、
あまりに広大すぎるPT募集広場である。MMO?MOだよ。

というわけで、レベリングは全てに優先する。強くなりたきゃ生き急げ。
廃装備でないと打開の難しいコンテンツは現状確認されていないし、
寄り道は必要ない。最短でのレベリングに勤しめば良いのだ。
ちなみにソロは色々と損だと思うよ。PT組めPT

で、とっとと50にしてしまえば後はまた一つのダンジョンを周回するだけの
楽しい楽しい日々が始まるわけだ。ここまで先が見えてしまうのも珍しいが、
このゲームに関しては「システム親切で敷居の低い凡MMO」であり続ける
だけで良い気もする。なんとも、気軽。
twitterへRTする 2011-05-21 : FNO : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【MTG】のRPGがあったとさ

写真 2011-05-15 13 34 10

マジック・ザ・ギャザリングというTCG(トレーディングカードゲーム)を
ご存知だろうか。1993年に発売された世界初のTCGであり、
最古にして最高峰のカードゲームである。後にこれを元にした数多くの
TCGが生まれた程だ(ポケモンカード、遊戯王 etc)。



さて俺も青春時代は一介のMTGプレイヤーであった。
高校では周囲を巻き込みMTGブームを引き起こし、連日のように
小遣いを切り詰めてはパックを買い漁り、プレイしていた。
その頃、在住は海外であったが、大会に出たこともあったのだ。

写真 2011-05-19 23 06 57

↑その時の記念カードだ。かわいいだろう。ピカチュウなんざ目ではない。
調べてみたところ、MTGのWikiに
「プレーンシフトのプレリリース・トーナメントでは、
  Questing Phelddagrifのギリシャ語版プレリリース・カードが配布された。 」

とあるので多分ソレだろう。思い出の一品自慢。ピッカピカやで!



とまぁいきなりMTGについて語りだしたのは理由がある。
遥か太古の昔にWindows95(爆笑)というOSが一世を風靡していた頃。
MicroproseというところからMTGのPCゲーが発売されたのだ。
これが非常に良く出来ており。1人用のモードがメインだったんだけど、確か
「フィールドの魔物とデュエルしてカードを奪ったり、村でカードの売買をして
デッキを教化し、ゆくゆくはダンジョンに潜って更に強力なカードを発掘し、
時に起きる魔物の襲撃から街を守り報酬を得たりしつつ、最終的には
5人の悪代官の居城に乗り込んでこれを打ち倒す。更にはその後に
控える強大な闇と対峙し・・・」
といった内容だったような気がする。
俺は大いにこれにハマった。MTGを知っていて未プレイの人には是非とも
オススメしたいと思っていた。
しかし、、開発元の倒産による出荷停止、そしてXP以降のOSでは
まともに動作しない
ということもあって諦めていた。

そしてそれから10年以上が経ち。
なんとこのゲームを有志で改造する試みがなされたらしい。
その名も「Microprose Magic the Gathering 2010」。多数のカードの
追加、バグの修正がなされているようだ。

ぐぐってみたところ、どうやらtorrentで配布がされているようだ・・・。
これって扱いどうなんだろうね。ちょっと調べてみようかしら。
あのゲームが今遊べて、かつ大幅なアップグレードがなされていると
聞いては血が騒ぐってもんだ。放ってはおけまい。
twitterへRTする 2011-05-20 : 普通の日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【MOD】本格的にマップを作り始めた@Portal2

2011516_7071.jpg

基本操作を覚えるがてら、物体の造形、周期的な運動はもちろんのこと、
色々とクソなギミックを作っていくことが出来るようになってきた。
マッピングの練習として、いわゆるSASUKE的なものを作ってみているのだが
仕掛けを考えれば考える程に楽しい。体内に封印されていたSッ子が
目を覚ましたようである。高難易度で萎える程度が心地良い、折角だから
プレイできるレベルになるまでこれを作りこんでみようか。
一通り完成した後の細かいエフェクトやライティングの調整方法も
覚えていかなければならないしな。
そしてあわよくば公開できるレベルに。この際クソゲーで良い。



ちなみに参考資料はコレ。こういうのゾクゾクするよな。






しかしながら、このゲームはPortalであるからして、ポータルも使っていきたい。
が、ポータルを使って攻略していく箇所を作るのは本当に難しいと思う。
本編のように「ここにポータル開けてくれと言わんばかりの壁」
作りたくないし、かといってポータルを開けられる白い部分を増やすと、
今度は行ける場所が多くなりすぎてマッピングの幅が狭くなってしまう。
プレイヤーが混乱してしまう恐れもあるな。一定の視界内に情報を
仕込みすぎるのも考えものということだ。
・・・とまぁ、マッピング関連はこのへんにしておこう。
進捗を小出しにするのは野暮ってもんだ。興味あるであろう人も限定的すぎる。



結びで一つ、興味ある人はとっくに知ってるであろう情報ではあるが。
TERAのCβが7/1~7/4で実施されることが決まった。後1ヵ月半である。
4日しかないが、Oβも間をおかず日程が決まってくることは間違いない。
とりあえず、今やってることはそれまでにキリをつけておかないとえらいことだ。
twitterへRTする 2011-05-17 : Portal2 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

【MOD】Authoring Toolsβが出たので

2011514_7066.jpg

Portal2の開発者向けツール、Authoring Toolsのβ版が出たので
合間にFNOとかやりつつ今週はそれを触ってたり。

俺の場合ごく簡単なモデリングやプラグインの作成以外、MOD開発関連に
触れたことがなかったので、Hammerを含む一連のツールはガチで初心者。
というわけでツールの使い方を学んでいかねばなるまい。
なにしろプロ向けのツールであるからナメてかかったところでジャンプ台の
一つも再現できないだろう・・・ゲーム中に登場する数々のギミックとか、
サンプルから色々コピーしてきて、解体して、理解していくしかないね。

とりあえず何か語れるようなレベルではないので、これらツールの使い方を
学べるいくつかのリンクを紹介して今日の記事は終わっておく。
RPGツクールとかガチで使えるような人だとすぐに飲み込めるだろうね。
黒歴史?ばっやめろ!!その話はやめろ






※以下、上から順に読んでいくといいとおもうお

■ハンマーエディタ講座
    http://koumeisatou.web.fc2.com/index.html
    とりあえずHammer起動して、読みながら作業してみると良い。
    「初めてのHammer」を読破するだけで基礎的な部分はかなり抑えられる。



■Custom Mapping Tutorial(for Counter-Strike:Source)
    http://www.youtube.com/view_play_list?p=2DA51410DE72FF7D
    5分で学ぶ動画シリーズ。対戦型FPS、CounterStrikeのカスタムマップ
    作成向けだけど、基礎的な部分は全て同じなので全て見たほうが良い。
    動画で色々と操作してるのを見れるのは本当にありがたいのう



■ちょっと脱線、かんたんHammerの使い方
    http://texpo.jp/texpo/disp/34062
    絶対覚えたほうがいい操作のメモ。作業効率うp用



■Source SDK wiki
    http://wikiwiki.jp/sourcesdk/?FrontPage
    Wiki。という割には情報量に乏しい感はある(贅沢)が、全項目必読レベル。






というわけで一週間の間に探しまわった日本語での解説記事で必読レベルなものは以上。
いやー、少ない少ない。細かい部分は海外の記事や動画を参照するしかないのだろうね。
後は身内に経験者の方でもいればと思ったのだ、が・・・
ま、自分で何とかするしかあるまい。とりあえず色々触って感じて遊んでみてる。
何を作るかって構想は、まだない。(が、とりあえずSASUKEみたいなの作ってる)
twitterへRTする 2011-05-14 : Portal2 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【FNO】ネバーランドへようこそ

2011510_7058.jpg


FindingNeverlandOnlineをあらかたプレイ(カンスト)したので書く。
さてこのゲーム名、直訳すれば「ネバーランドを見つけようオンライン」
ネバーランドとはご存知、ディズニー映画のピーターパンに登場する
架空世界のこと。どんな設定だったけ。えーと。

  「親とはぐれた子供が年をとらずに妖精さんと暮らす世界」

笑ってしまった。何故笑ったのかは割愛。
オンラインゲームらしくてとても良いと思う。

さてFNO、時代遅れの古き良きクリックゲーといった所感。
敵を選択し、相手と自分のHP、状態を見ながらスキルスロットの
スキルを回していくタイプのよくあるタイプのもの。RO型といえば良いか。
しかしながら非常に良く出来ている。
プレイしてみなければ実感するのは難しいが、UIがとても直感的。
かつ、痒い所に手が届かせる類のシステムが完備されている。

-----
  ・クエストに関連する地域、NPCへの自動移動
  ・ミニマップをクリックすることでもその場所へ自動移動
  ・フォントサイズ、窓サイズ、それらの配置についての詳細な設定
  ・メールはその場で送受信、バザーや生産の売り上げも即受取可
  ・ギルドタウンの利便性(フィールドのどこからでも街との行き来可)
-----

などなど。MMOの醍醐味を失わない範囲でプレイヤーには無駄な
移動をさせない、という配慮が伺える。なんとも快適。挙動も軽い。
・・・嗚呼、FF14を間接的にDisってる文章に見えてきた。不思議。



して、このゲーム、何気にかなりの同時接続数を誇る。フィールドは
どのチャンネルも賑わっており、狩場はまさにMobの奪い合い。
ROβ時代のゲフェンダンジョンを思い出す。微笑ましい光景。


  だがBOTだ。


ひとたびピンチになれば四方から矢が飛んできて助けてくれるだろう。
このゲームはFAさえ取ればExp、アイテムは総取りなので気にならない


  だがBOTだ。


遠距離職だらけでFAすらとれなくて恨めしく思う時もあるが


  だがBOTだ。


このネバーランド、その正体は自動人形のネバーランドである。
その数インフィニティ。多い多い。これだけの数のBOTを見たのはROの
亀島以来か。魂を抜かれた萌えキャラの自動人形が大挙して
フィールドに集い、Mobのポップに目を光らせている。湧いた先から
無数の矢を突き立てられ24時間死滅し続けるMobもたまったものでは
ないだろう。人間が操作するプレイヤーがクエストをこなす隙など無い、
その依頼でしたら自動人形がやってくれているではありませんか。
平和そのものである。更に全体チャットでは彼らの創造主でもあろう
人間がひたすらにRMTの広告を打ち続けている。
半分乗っ取られている状態である。対策はされていない。

というわけでゲームとしてはとても良いものだと思うのだが、プレイする際
は殆ど対処される兆しすら見えないRMT業者とBOTの無間地獄には
目を瞑る必要があるだろう。一応人間のプレイヤーも沢山いるので、
カンスト直前になれば彼らとダンジョンに篭って楽しく遊ぶことが出来よう。
フィールドはOβなのに世紀末。対策はされていない。

  「PTからはぐれたプレイヤーが年をとらずに自動人形と暮らす世界」

ネバーランドへ、ようこそ。
twitterへRTする 2011-05-10 : FNO : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【おわり】金色を経て迫る絶望との邂逅

201157_7048.jpg

Freeze!そこまでだ浮かれたカス共

俺は月曜日の一族が一人、「ゴガツ・ココノカ」。

連続休暇でご苦労な事だが・・・来る週明けの月曜日、お前たちは終わる。

見ろ・・・ここまで蓄積、凝集されたブルー・マンデーの力はこの俺も見たことがない。

まさかここまでとはこの俺も正直予想だにしていなかったぞ。くっくっく・・・。

いつの間に、だと?つくづく脳天気なカス共だ。

ブルー・マンデーの力は連続休暇の反動により急激に膨張、肥大するものだ。

十の休暇を経てこの力はついに全ての人間を絶望させ尽くさんものとなった。

最早誰にも止められん・・・この俺でさえも、な。

さぁ、精々最期の土日をエンジョイしてくれたまえ!ぐぁーはっはっ!!
twitterへRTする 2011-05-07 : 普通の日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【L4D2】近日のオススメキャンペーンまとめ

最近、L4D2で傑作キャンペーンが続々と出てるお!ということで、
今まで挙げなかったものも含め、またいくつか紹介してみたいと思う。
重視したいのはやっぱり遊び心!だな。







201154_2987.jpg

Shadow Moses Island
  マップ数:
    5
  難易度:
    ★★★☆☆(腕に自信があればExで)
  オススメ度:
    ★★★☆☆
  簡易批評:
    メタルギアソリッド2、4で登場したシャドーモセス島を再現したキャンペーン。
    ゲーム開始場所からメタルギア格納庫までほぼ全てが再現されており、完成度高。
    難易度は公式と大差ないが、全体的に長いのでExを選ぶ際は注意が要る。
    後、良くも悪くも王道な作りなので元ネタを知らないと微妙かもしれない。






201154_2985.jpg

Kokiri Forest
  マップ数:
    3
  難易度:
    ★★★★☆(Normal推奨)
  オススメ度:
    ★★☆☆☆
  簡易批評:
    ゼルダの伝説をリスペクトした仕掛け、BGM、効果音がたっぷりと盛り込まれて
    おり、1MAP目から神々のトライフォースを思わせる草原と迷路、2MAP目は
    先へ進む為の鍵の探索がメインとなり謎解きも多数。
    3MAP目はボス戦(オリジナル!)となる。
    同シリーズが好きな人にはたまらない内容だが、多くの時間を費やすであろう
    2MAP目は暗い上に定期的にラッシュが起きる(L4D2だから当然だが)ため、
    のんびり探索する余裕はあまりない。
    試みは素晴らしいものが多々あるが、ダレやすいかもしれない。







201154_2986.jpg

Dead Before Dawn Too
  マップ数:
    5
  難易度:
    ★★★☆☆(フィナーレ難度高)
  オススメ度:
    ★★★★★
  簡易批評:
    BGM、イベント展開にオリジナルの要素を多々詰め込んでおり、
    全カスタムキャンペーン中でも屈指の完成度。must play、である。
    カスタムキャンペーンに手を出す上で避けて通ることなどできないだろう、
    最高のキャンペーンのひとつであると声を大にして言いたい。
    その難易度もかなりのもので、公式マップのExが軽々こなせたとしても
    相当手を焼くだろう。道中はかなりの分かり難い謎解きもあり、懸念点はそこか。
    そこを超えた先にあるフィナーレイベントは中々にアツいので、頑張ってほしい。
    ボイスチャットの併用を強く推奨!







201154_2988.jpg

MILITARY INDUSTRIAL COMPLEX II
  マップ数:
    5
  難易度:
    ★★★★★(おかしい)
  オススメ度:
    ★★★★☆
  簡易批評:
    超絶難易度、驚愕仰天のトラップ、息をもつかせぬイベントの連続。
    とにかく難しい。Exをクリアできたらかなりの腕前ではないだろうか・・・。
    色々と刺激が強いのでより高みへ到達したいという諸君にオススメしたい。
    特に2MAP目は必見である。







201154_2984.jpg

Questionable Ethics
  マップ数:
    4
  難易度:
    ★★★★☆(Adv以下推奨)
  オススメ度:
    ★★★★★
  簡易批評:
    当Blogよりベストキャンペーン賞を送りたい所。その遊び心たるやインフィニティ。
    友人を集めてボイスチャットを使い、酒を片手にワイワイとやって頂きたい。
    アミューズメントパークに迷い込んだかのような楽しさが体験できると思う。
    1MAPごとにかなりのボリュームがあり、復活ポイントも多い為リアリズムは非推奨。







やってないのがあれば是非ともプレイしてほしいところだね!
ただ、最初の2つは元ネタ知ってること推奨かな。
Questionable Ethicsに関してはマジでオススメしたいね
twitterへRTする 2011-05-04 : L4D2 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム


プロフィール

ztar

  • Author:ztar

  • 組み込みソフトウェア開発者であり
    自称廃ゲーマー。リンク等はご自由に

    主にプレイ中のゲーム(16/12/10現在)
    ★FF14(PC) @Mandragora
     プレイヤーネーム: Nox Castor

    ★グラブル
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:1028815

    ★FGO
     プレイヤーネーム:ztar
     プレイヤーID:925,343,133

    いずれもフレンド要請など大歓迎だけど、
    Twitterやゲーム内コメント等で一言添えて
    頂けると承認などスムーズにできるぞ!

Twitter

ブログ内検索

キーワードから記事を検索できます。

カテゴリ別リンク

月別アーカイブ